あなたは最近、涙を流しましたか? 仕事でもプライベートでも、大人なんだからとぐっと我慢してしまうことが多いのではないでしょうか。大人になるとストレスは増えているのに、素直に泣くことは減っていきますよね。我慢強いあなたこそ、あえて「泣く」という方法を取り入れてみるとパワーがよみがえってきそうです。

涙を流して元気になるヒントとは

1. 涙を流すと気持ちがリセットされる

大泣きした後になぜかスッキリした経験がある女性も多いのではないでしょうか。失恋した時、仕事でツラいことがあった時、耐え切れず一人涙を流してしまったこと。泣く前よりもなぜか気持ちが楽になっているものです。
そして不思議と気持ちもリセットされる感覚。涙を流すことは、笑って楽しむよりもストレス発散の効果があるのだとか。よく考えてみると、大人になってから素直に大声をあげて泣く機会は少ないものですよね。大泣きするような出来事は遠慮したいものですが、涙は気持ちをリセットしてくれる大切な存在のようです。

2. 涙を流す時間をつくってみる

大泣きするようなマイナスの出来事は無くても、日常の仕事や人間関係でのストレスによって、微妙なイライラ、モヤモヤが続いている時期はスッキリしないものです。そんな時は、意識的に涙を流す「涙活」を取り入れてみましょう。
ちょっと切ないストーリー、感動を与えてくれる動画、家族の絆を思い出させてくれるような話。あなたの心にしっくりくるイメージはどれでしょうか。笑いのツボが人によって違うように、泣けるツボもそれぞれ違うもの。最近では、「涙活」というカテゴリで多くの動画が紹介されているので検索してみるとお気に入りが見つかりますよ。

3. 涙を流すと気持ちが素直になってくる

感動できるストーリーによって意識的に涙を流すことで、大泣きした後のようなスッキリ感が出てきます。不思議と心身共にリラックスして、今までイライラしていたことが吹き飛んでいったような気持ちになるでしょう。
多くの皆さんが「自分は大人なんだから!」「母親なんだから!」と頑張り過ぎ、感情を抑えているもの。ほんの少しでも泣く時間を取り入れることによって、本来持っている素直な気持ちが戻ってくるようです。

4. 泣くことが自然なストレス解消法に

意識的に涙を流す涙活を取り入れていると、少しずつ素直な自分が戻ってきます。仕事でストレスが増した時、うまくいかずに失敗してしまった時。一人の時間に素直に泣くこともできるようになって、これまでは抑え込んでいたストレスをスムーズに発散できることでしょう。
人前で迷惑をかける泣き方はNGですが、一人で涙することはとても健全なものです。泣きたい時に泣いた方が、マイナス気分を引きずることなくリフレッシュできます。涙を流した後は、あなたの笑顔もより輝きそうですね!