美容や健康に関心の高い女子に比べると、世の男性はそれほど気を遣っていないことが多いみたい。若いうちは体力で乗りきれるかもしれませんが、彼らも30歳過ぎになってみると体力の衰えを実感することがあるかもしれません。そこで今回は彼にもぜひ見習ってほしい、女子のヘルシー習慣をまとめてみました!

男子がもっと女子に学ぶべきヘルシー習慣6つ

1. 体調が悪い時など、女友だちに症状を打ち明け話してみる

日頃の倦怠感から生理不順まで、女性同士ではけっこうなんでもあけすけに友だち同士では話し合って、おすすめの病院や健康法まで情報交換することがよくあります。それに比べ、男性は弱みを見せたくないというプライドがあるのか、なぜか自分の体調不良を他人に話すことに大いに抵抗感があるようです。体のSOS信号を見逃してはいけません、何か不調を感じたら、身近な人にすぐ相談しましょう。

2. 女友だちとウィンドーショッピングしたり、よく歩く機会が多い

女性同士だとぶらぶらと街を散策したり、大きなショッピングモールでウィンドーショッピングしたりするのが大きな楽しみだったりしますが、男同士ではあまりそうではないみたい。会ったらすぐに居酒屋に入る、なんてことばかりだと、体にもよくありません。普段運動不足だと自覚しているなら、まずは歩くということから始めてヘルシー習慣を身につけてはいかがでしょう?

3. かかりつけの医師と雑談などをして自分のことをよく知ってもらう

そもそもおしゃべり好きという性質からか、医師に対しても自分から積極的に情報開示してゆくのは女性のようです。症状とは直接関係無いようなことでもライフスタイルなどを話しておくと医師としても何かアドバイスしたり、早期発見のヒントを得られたりして助かるかもしれません。せっかく自分の担当やかかりつけとなってくれた医師なのですから、自分のことはなるべく積極的に何でも話しておくというスタンスでいると良いでしょう。

4. 体重を定期的に計って、太り過ぎないよう普段から気をつけている

“太っていないか、スリムな体型でいるかどうか”というのは女子にとってとても大事なポイント。だからこそ普段からこまめに体重をチェックしているという人も多いでしょう。あまり数値にこだわりすぎるのもよくありませんが、こうやって日頃から自分の体型をチェックして食事にも気をつけるヘルシー習慣はぜひ男性にも取り入れて欲しいものです。

5. ヨガに行って、心と体の調子やリズムを整えている

“ヨガは女性のもの”という強い思い込みが世間にはあるようです。しかし本来ヨガとは女性のためだけのものではなく、心と体の調子を整えたいと願う全ての人にあるべきもの。自律神経を整えたり、現代人にありがちな腰痛や肩こりを緩和するといった効果も大きいものです。自分の体の状態と注意深く向き合うためにもヨガはとても有効なので、ぜひもっと男性も気軽にトライして欲しいと思います。

6. 女友だちと本音トークで盛り上がり、自分の感情を素直に吐き出している

ストレス社会と言われて久しいですが、ストレス発散が上手なのはどちらかと言えばやはり女子みたい。親しい女友だちと本音トークで語り合う時間は何よりのストレス発散になるし、スッキリします。でも、男性の方はいくら親しい友だちとはいえ、自分の心の内を全て暴露するようなことには抵抗があるようです。それがストレスにならないためにも、身近な人には自分の感情を素直に表現するようなクセをつけてみましょう。