“反省会”の方が盛り上がった?

写真拡大

 5月中旬の東京・六本木。インターホンを押して入る業界人御用達の“隠れ家バー”の個室から、男女の笑い声が聞こえる。女性はテレビ朝日の竹内由恵アナ(32)と、同局を昨年秋に退社した宇佐美佑果アナ(30)だった。

 竹内は夕方の報道・情報番組『スーパーJチャンネル』でキャスターを務めるテレ朝のエース格で、最近、プロバスケットボール選手・田臥勇太(37)との破局が報じられたばかり。

 そんな2人が夏先取りのミニのワンピースで参加したのは、女2対男3の“合コン”だった。

「男性陣は40歳前後の業界人風。個室には頻繁にレモンサワーが運ばれ、大きな笑い声が漏れてきていました」(居合わせた客)

 宴は盛り上がっていたようだが、日付が変わった頃、女性2人だけでタクシーに乗り込み、向かった先はテレ朝近くのコーヒー店。ソファー席に並んで座ると、先ほどの合コン相手の“批評”でもしているのだろうか、険しい顔や笑顔を見せながら話し始めた。

 周囲の客が2人の存在に気づいてもお構いなし。深夜の“女子会”の話題は、やがて定番の「恋愛」へと移っていった。

 竹内が、「4人で会った時、ふとした瞬間に見た目はカッコいいなぁって思ったよ。印象がすごく良くて、この人かなぁって思ったの。でも彼の場合、お金の環境が追い込まれ気味だった……」と、元カレの話なのか、生々しい“悩み”を告白。すると宇佐美が「前の人ですよね?」と聞く。竹内は顔をしかめてこう話した。

「前の前の彼のこと。前の彼は……“過ち”だよね」

“前”とは一体、誰のことなのだろうか。ガールズトークはその後も続き、お開きになったのは深夜2時だった。

 テレ朝に訊ねると、「(局員の)プライベートにつきましては、従来お答えしておりません」(広報部)とのこと。後輩にぶっちゃけたことが良かったのか、帰り道、竹内の足取りは軽やかだった。

※週刊ポスト2018年6月1日号