京都在住ライターが教えてくれた!
新店ラッシュ!コーヒーカルチャーが盛んな京都のコーヒーシーンをキャッチ。

コーヒーカルチャーが盛んな京都ですが、注目の新店が続々オープンしているとのこと!京都在住ライターである本庄 彩さん、木薮 愛さん、大和まこさんにお話を伺いました。

〈大山崎COFFEE ROASTERS〉/大山崎

本庄彩(以下、本庄):コーヒーショップも気になる新店が次々と。3月に〈ブルーボトルコーヒー〉が南禅寺に誕生。関西初上陸です。

大和まこ(以下、大和):中心地はもちろんですが、郊外にもわざわざ通いたくなる素敵なお店が続々。その最たるお店が〈大山崎コーヒーロースターズ〉。

木薮愛(以下、木薮):立地的には、大山崎ってかなり異色ですよね。

大和:〈大山崎〉さん、何がいいって、サロン的な雰囲気でいろんな豆を試飲できるのが素敵なんですよね。敷居も高くなく、けど、本気で。

本庄:誰かが試飲したいって言った豆を、その場にいるお客さん全員の分を淹れて試飲させてくれるそう。お店に通ううちにお客さん同士が仲良くなって、一緒に出かけたりとか。お店を通じた新しいコミュニティも生まれているそうですよ。

大和:素敵な社交場。

木薮:「淹れ方にも色々ありますが、新鮮な豆を飲む直前に挽くことがコーヒーのために何より大切」と店主の中村さんご夫妻。豆は挽いた状態で売らないという点にも焙煎所ならではのポリシーを感じました。ぜひ挽きたてを飲んでみたい!

大和:コーヒー豆も手みやげにいいですよね。それぞれのお店の個性が発揮されているから、幾つかのお店で買って飲み比べるのも楽しそう。

〈大山崎COFFEE ROASTERS〉
豆はすべて挽かずにそのままの状態で、焙煎後3日以内に販売するなど、鮮度にこだわり抜いたシングルオリジン10種類前後がそろう。100g 600円(税込)〜。
■京都府乙訓郡大山崎町大山崎尻江56-1 
■075-925-6856
■10:00〜15:00 木土のみ営業 
oyamazakicoffee.com

(Hanako1154号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Yoshiko Watanabe text : Azusa Shimokawa)