12星座【来る者拒まず】ランキング 魚座は妖怪でも妖精でもみんなウェルカム!

写真拡大

 「来る者拒まず」とは、自分のもとへやってくる者は、どんな者でも受け入れる、ということ。来る者拒まずタイプの人は、「あの人はいいけど、この人はダメ」といった選り好みをしないので、多くの人から信頼され、度量が大きいと称賛されやすいでしょう。あなたはどうですか? 12星座ランキングでみていきましょう。

■第1位 魚座……妖怪でも妖精でも大丈夫
 その場にいる、一番弱く虐げられた者にこそ寄り添いたいと願う、慈悲心MAXの魚座です。自分を頼ってくる者を拒むなんてことができるはずはありません。泣いている女性の手を握り、迷い込んできた猫には軒先を貸すなど、駆け込み寺的包容力をみせるでしょう。スピリチュアルに親和性が高いので、相手が妖精や妖怪でも動じず、旧知の仲のように対応するのです。

■第2位 水瓶座……彼の浮気相手すら受け入れるレベル
 博愛精神旺盛な水瓶座は、すべての人を等しく受け入れる器の大きさがあります。また、個性を重んじる個人主義者なので、相手がどのような素性であっても気にしません。王様から乞食まで、同じように対応するし、受け入れようとするでしょう。個人レベルでいうなら、恋人の恋人、つまり彼の浮気相手であっても、余裕で友達になってしまう勢いなのです。

■第3位 射手座……因縁の敵でも問題なし
 大らかでフランクな射手座は、「人類は皆友達」と楽天的に信じています。そして、皆友達なのだから、お互いに助け合うべきだし、心の狭いことをするもんじゃないと思っています。そんな射手座なので、心の扉はいつも開けっ放しです。大ゲンカした相手も、因縁のライバルだって、「昨日の敵は今日の友」として迎え入れてしまいます。すべては「ま、いいか」で解決です。

 第4位は、獅子座。姉御肌なので慕われるのがうれしくてたまりません。相手が誰でもあっても、鷹揚な態度でウエルカムです。第5位は、天秤座。12星座きってのホステスとして、誰に対しても基本、笑顔です。拒むだなんて滅相もありません、というタイプ。

 第6位は、双子座。ノリがいいので誰のことも軽〜く受け入れます。でも、気分屋なので、唐突にそっぽを向いたりもします。第7位は、牡羊座。来るなら来いよ! が基本姿勢です。なんだかケンカ腰ですが、受け入れることに関してはやぶさかではありません。

 第8位は、山羊座。相手に社会的な信用があるかどうかが、重要な仕分けポイントです。地位のある相手なら、すぐさま門戸を開きます。第9位は、蟹座。根が臆病なので、そう簡単に心の扉を開きません。のぞき窓から相手の様子を十分チェックし、ようやく少しだけ扉を開きます。

 第10位は、乙女座。繊細で神経質なので、来る者を誰でも受け入れるというわけにはいきません。粗暴な相手は、とりあえずシャットアウトです。第11位は、蠍座。猜疑心が強く、人をみたら泥棒と思うタイプです。用心に越したことはないと、一定期間は必ず様子見をします。

 そして第12位は、牡牛座。超がつくほど保守的で選り好みが激しいため、誰に対しても拒否から入ります。ノーといって追い返してから、ゆっくり受け入れるか否かを考えるタイプです。牡牛座の狭き門を通り抜けられるのは、ほんの一握りの限られた人たちだけでしょう。

 ちなみに、「来る者拒まず」は「去る者追わず」とセットになっている言葉で、人付き合いは拒まず追わずという淡々とした姿勢が大切という意味になります。人間関係が密になりやすい時代だからこそ、この言葉を今一度かみしめたいものですね。
(月星七海)※画像出典/shutterstock