半ニートから高額所得者まで、常識人から異世界に住む人々まで、幅広い層が飲みに来る下北沢を中心に、「一人飲み歴10年以上」の、きたざわ御神酒(おみき)です。

堅実女子の皆様、周囲に特別美人ではないけど男性にモテる女性・好感を持たれる女性っていませんか?容姿関係なくモテるということは、見習うと、どんな女性でも愛され女子に生まれ変われる可能性大!

彼女達には一体どんな特徴があるのか?今回、色々なサンプルをもとに考えた結果、驚くべき共通点が見つかりました!これは非常にシンプルなポイント。誰でも真似することが可能です。ぜひ本稿を参考に、モテ女になってみてください。

上品なレディーに見られたい作家が考案した即席テクニック

まず、美人じゃないけどなぜかモテる女性の秘訣を考察する前に、この考察のきっかけとなった筆者の飲み友達・サイコちゃん(仮名)のエピソードをお話しします。

サイコちゃんは当時30代のジュエリー作家。もともとフリーターでしたがとてもセンスがよく、趣味で作ったアクセサリーのデザインがプロの大きなコンテストで受賞!

それをきっかけにアクセサリーブランドをたちあげてみたところ、なんと全国各地の大手百貨店催事からお呼びがかかり、ジュエリーデザインを手掛けるまでになったのです。サイコちゃんは、センスゆえに自然とその業界に招かれるように花開いてしまった天才女性なのです。

その道を目指している人からすれば、「とんとん拍子で羨ましい!」と思うことでしょう。しかしサイコちゃんには、トントン拍子に行きすぎちゃった人なりの悩みがありました。それは、周囲の同業者やお客様がセレブすぎて、「自分の立ち振る舞いが悪目立ちしているんじゃないか?」というもの。

ジュエリー業界というのは、アート系のセレブリティーがとても多いのだとか。それで、常にびびっていたのです。サイコちゃんは筆者と飲むとき、興奮して早口で、以下のようにまくしたてていました。

「商品が高額だから、お客様がある程度お金持ちなのはもちろんだけどさ、作ってる人たちまで大体いいとこのお嬢様、お坊ちゃんばっかり。シュっとした上品なアート系セレブばっかしなのさ!お金が余ってる家にでも生まれなけりゃあ、自分のブランドが売れるようになるまでおっとりジュエリーだけ作って暮らします、なんて生活はそもそもできないのさ!」

これが、いつものサイコちゃんの口調。超早口で、ちょっと方言が入っていて、プライベートでの一人称はウチ。

「ウチなんかとは育ちが違う人ばっかりなのさ!お金持ちの人って優しいからさ、ウチなんかにも仕入先紹介してくれたり、みんなよくしてくれるんだ……。ウチがおかしな行動して、優しくしてくれた人たちに迷惑かけたら嫌だと思って、めっちゃマナーの勉強したのさ!」

素直で努力家で勉強家でもある彼女に、周囲が優しくしたくなるのもわかります。そしてさらに、サイコちゃんは天才なのです。その天才性はこの悩みの解決法にも発揮され、サイコちゃんは上品な立ち居振る舞いを身に着けるため、ものすごいテクニックを編み出すのです!

イメージ操作&向上のメソッドはシンプルですぐ実践できる

サイコちゃんは、ビールをがぶ飲みしながら、興奮した面持ちで言いました。

「オミキちゃん、ウチ、自分を上品に見せるにはどうしたらいいか……。すごい方法を見つけちゃったんだよね。マジでめっちゃ使えるから、オミキちゃんもやってみな?」

それは一体どんな方法なのか?聞いてみると、驚くほど単純。なんと、ゆっくり丁寧にしゃべることなのだそうです。

その話を聞いた瞬間はサイコちゃんがふざけているのかと思い、いきなり吹き出してしまいました。最初はシンプルすぎて、彼女の天才的発見のすごさが伝わらなかったのです。

しかしそこから、サイコちゃんがゆっくり丁寧に口調を変えて話しだし、その効果を思い知りました!話し方ひとつで、別人のように印象が違うのです!

それまでエキセントリックで、おちゃめな子ども心を忘れぬ天才肌に見えたサイコちゃんが、話すスピードを極端に落とし、丁寧な言葉で話すだけで上品でエスプリの効いたファッションの大人の女性に見えるのです。

遅すぎて「おかしいかな?」と思うくらいが、ふだん早口な人にはちょうどいいスピード。話すスピードが変わると、表情も自然と落ち着いた感じに変わります。同じ服装&髪型でも、受け手が感じる相手の性格のイメージは、話し方ひとつで180度変わってしまうものなのです!

そこで、サイコちゃんと同じく、ふだん早口な筆者もその場で上品に見える話し方に挑戦してみました。

ただ、これが意外と難しい!言葉遣いは正しい知識があればすぐに綺麗めにシフトできますが、話し方のスピードを変えるということは、実はとても難しいのです。試しに1分程度ならなんとかなりますが、ずっと緊張して続けない限り、すぐ元のスピードに戻ってしまいます。

精神的に役者になった気持ちで、想定した話し方の別人になりきる、生まれ変わるくらいの意気込みで継続してトレーニングしないと、話すスピードを根本的に変えるのは困難です。

しかし、このメソッドを発見したサイコちゃんは、ちゃんと実践していました。百貨店のサイコちゃんのお店を訪ねたとき、筆者が接客中の彼女をパッと見つけられないくらい品のいい作家として、金満家のお客様のお相手をしていたのです。要はやる気次第というわけです。

不思議とモテる女性も大体みんな話し方が普通の女性と違う

ここまで読めば、美人じゃないけどなぜモテる女性の共通点はもうお分かりですね?そう、彼女たちに共通するのは話し方!

実は、口調ひとつで周囲からの評価が変わったのはサイコちゃんだけではないのです。思い返してみると、モテる女性は大体みんな、相手に「もっと知りたい」と思わせるようなコミュニケーションをしていました。ほかには一体、どんな話し方をすればいいのか?詳しくは、後編でお伝えしましょう。

まるで演技のスイッチの入った女優のよう!

なぜかモテる女性の話し方には、3つの要素があることに気付いた筆者。スピード以外に何がポイントなのか?〜その2〜に続きます。