結婚するなら、もちろん良き夫となってくれる男性がいいですよね。ただ、独身のうちは、なかなか結婚生活を具体的に思い描けないこともあっていい夫の条件がイマイチ浮かびにくいもの。

ルックス?性格?年収?どれを重視すべきなのでしょうか?

今回は、幸せな結婚をしている既婚女性にいい夫の特徴について教えていただきました。これから結婚を考えている女性はこんな男性を候補にすると、理想的な結婚ができるはずですよ。

家事に抵抗がない

「家事を進んでやる人。うちは共働きだから家事は分担しているけど、こだわらずにお互いやれることに手を出しています。ストレスがなくて助かる」(33歳/営業事務)

結婚すれば、家事は必ずどちらかがすることになります。専業主婦ならともかく、結婚後も仕事を続けるつもりなら、やはり家のことは夫にもやって欲しいもの。

ひとり暮らしを経験した男性なら、ある程度家事の大変さに理解があるかもしれません。ですが、結婚後に「家のことは嫁がするもの」と投げ出すような男性だと困りますね。

「家事は女性のするもの」と決めつけていないことが、結婚後の家事をスムーズに分担する秘訣。それを見極めるには、まず男性の生活ぶりを観察しましょう。掃除や洗濯はマメにやっているか、また彼氏ならあなたを手伝おうとする姿勢があるかどうか。

それとなく「結婚したら家事は分担するべきだよね」と話を振ってみるのも良いですね。そこでしっかり頷いてくれる男性は、妻にばかり負担をかけさせるような夫にはならないといえます。

お金の話を避けない

「今の旦那は、付き合っている頃から金銭感覚がしっかりしていて、大きな買い物は私の意見も聞いてくれた。やっぱりお金の話をまともにできることって大切」(35歳/販売)

家事と同じく避けられないのが、お金の話。結婚すれば、妊娠や出産、マイホームの購入など夫婦で話し合うべきことはたくさん出てきます。

彼女に隠れて借金をしているような人、後先考えずに欲しいものをすぐに買ってしまうような人は、お金の価値を理解していないといえます。こんな男性は、結婚しても金銭感覚がまともになることは望めないのがほとんどです。

毎月貯金をしている、投資をしているなど蓄えがあることも大切ですが、普段どんなお金の使い方をしているかは、結婚する前に必ず把握しておきましょう。

あまり倹約家すぎるのも窮屈ですが、節約を意識していることやお給料の範囲内で毎月しっかり暮らせていること、また今あるものを大切にする姿勢も、正しい金銭感覚を持っている証拠です。

お金の話をきちんとできる男性は、結婚後も安心して家計について相談できますね。

家族を大事にしている

「夫は3人兄弟の真ん中だけど、結婚してからも実家に電話したり兄弟と会う時間を作ったり、私もまじえて話す機会が多いから、みんな仲が良くて楽しいです」(30歳/受付)

家族と仲が良いのは、家族から大事にされてきたこと、また男性も家族に愛情を向けている証拠です。

結婚すれば、夫の両親や兄弟姉妹、親戚などとのお付き合いが増えます。スムーズなコミュニケーションには夫の協力が欠かせませんが、あまり会話をしてこなかったり互いに関心を向けていなかったりする家だと、居心地の悪い思いをするときもあります。

過度に親密なのもちょっと嫌ですが、仲が悪いより良いにこしたことはありません。また、自分の身内を大切にする男性は、結婚して子どもが産まれたときも、しっかり育児をする姿勢があります。

男性が自分の家族とどう向き合っているか、観察してみましょう。県外にある実家に名物を送っていたり、兄弟姉妹から連絡が来たりするような男性は、それだけ家族との距離も近く、結婚話もスムーズに進む可能性が高いですね。

やる気を持って仕事をしている

「うちの旦那は正直あまり年収が高いほうではないんだけど、一生懸命家族のために働いてくれています。そんな姿を子どもたちも応援していて、結構幸せです」(36歳/インストラクター)

夫となる男性には、やはり高い年収を望む女性も多いでしょう。結婚したら貧乏になってしまった、なんてことは避けたいものです。

しかし、一番気をつけたいのは仕事にやる気を持っていない男性。たとえいま年収が高くても、嫌気がさせば簡単に転職してしまったり、仕事の不満を家まで持ち込んで家庭の空気を悪くしたりするかもしれません。

収入の多さに関係なく、自分の仕事にプライドを持って取り組んでいる男性は、働く意欲が高いだけでなく人生を前向きに生きようとする力を持っています。

結婚すれば男性は家族を養う義務を考えますが、そのプレッシャーから逃げ出さずに立ち向かうには何より仕事が好きであることが大切。そのやる気が年収のアップにつながります。

また、仕事に精を出す姿は、家族にとっても好意的に受け止められます。裕福でなくても、家族の笑顔があふれる家庭なら努力も苦になりませんよね。仕事に前向きに取り組む男性は、いい夫として頼りがいがあると思いましょう。

こんな男性と結婚すれば毎日幸せを実感できそう!

誰だって結婚に失敗したくないと思いますが、外見や肩書きだけでは決まらないのがいい夫の条件。上辺だけ見て結婚を決めても、いざふたりの暮らしが始まれば「こんなはずじゃなかったのに!」と思う瞬間は必ず訪れます。

結婚は人生の重大な選択だからこそ、男性の人間性はしっかり見極めたいですね。そのためには、時間をかけて相手を知っていく余裕が欠かせません。

いい夫は、ポジティブな気持ちを持って人生を送っていることが共通点。まずは仕事や周りの人を大切にする姿勢をチェックしてみてください。