一般利用可!JAXAの「ロケットカレー」も必見。
〈snidel〉や〈Cosme Kitchen〉などを手掛けるおしゃれ企業など。気になる社員食堂に潜入!

〈snidel〉や〈Cosme Kitchen〉を手掛ける、美女揃いの〈マッシュホールディングス〉をはじめ、いま気になる社員食堂に潜入!Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』「食堂冒険BOOK」よりお届けします。

1.〈マッシュホールディングス〉/麹町

「snidel」「gelato pique」「CosmeKitchen」など、ファッション、ビューティ、食などの分野で人気ブランドを展開する〈マッシュホールディングス〉。本社1階の社員食堂はカウンター席やソファ席もあるおしゃれ空間。自然光が心地よく、カフェのような印象だ。

ランチタイムには、大理石のロングテーブルに彩り豊かなデリ、新鮮な野菜、肉や魚料理、デザートが並び、ビュッフェスタイルで楽しめる。

ただ食欲を満たすだけでなく、感性を豊かにしてほしいという理念から、一品ずつの盛り付けにも美意識が行き届いているのが特徴だ。また、他部署の社員や取引先との交流の場としても活用され、この場所から新商品のアイデアが生まれることも。※一般利用不可。

2.〈JAXA相模原キャンパス 食堂〉/淵野辺

相模原キャンパスの食堂は、見学に訪れた一般客も利用可能。

春からの新メニュー「ロケットカレー」600円は、黒ゴマと黒胡椒が効いたブラックカレーの宇宙にロケットが飛ぶ姿を表現した力作。

隣接の売店では宇宙食も販売。ぜひお土産に。

〈JAXA相模原キャンパス 食堂〉
■神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1 
■042-759-8008(広報)
■11:30〜13:30 土日祝休 
■104席/禁煙

Hanako『食堂ラプソディ ひとりグルメのひそかな愉しみ』特集では、気になる社員食堂を多数ご紹介しています。

(Hanako1156号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama, Tomo Ishiwatari (JAXA) text : Mariko Uramoto, Yoko Fujimori (JAXA))