仕事やプライベートの人間関係から少し離れて、ほっと一息つくひとりの時間に、心理テストで心の中を覗いてみませんか? 今回のテーマは「遠距離恋愛」。ひとりで出かける予定だった休日に雨が降ったらどうするかで、あなたの遠距離恋愛に対する考え方がわかります。

Q. ひとりで外出を予定していた休日。
でも急な天気の乱れで外は大雨です。
あなたは今日一日をどう過ごしますか?

1. お気に入りの傘やレインブーツで出かける
2. 出かけるのはやめて部屋の模様替えをする
3. ネットやSNSをチェックして家で過ごす
4. 録画番組を観たり本を読んだりして家で過ごす

1.「お気に入りの傘やレインブーツで出かける」を選んだあなたは遠距離恋愛を
前向きに楽しめる

 天気が悪くても自分の予定を変えずに出かけるあなたは、遠距離恋愛をとても前向きに受け止められるタイプ。もし相手が忙しくてなかなか逢いにこられなければ、時間を作って自分から出かけていくバイタリティーがあります。また、しばらく逢えない日々が続いたとしても、細やかに連絡を取り続けて恋人の心を惹き付けるような努力するでしょう。それだけではなく、空いた時間を利用して恋人が喜ぶ得意料理を増やそうなどと目標を決めて、有意義に過ごせるでしょう。

2.「出かけるのはやめて部屋の模様替えをする」を選んだあなたは遠距離恋愛を
いい機会にして結婚を検討する

 大きく気分を変える行動を選ぶあなたは、遠距離恋愛を良い機会ととらえて、将来について真剣に考えるタイプ。1年後、あるいは2年後に結婚といったはっきりとした約束が交わされれば、遠距離も苦にしないで相手を信じて待つことができるはず。逆に、結論が出ないまま距離ができた場合は、じっくりと自分の気持ちや置かれている状況について冷静に分析をするでしょう。総合的なメリットを見いだせば、転職して恋人の元へ引っ越すような大胆な行動をとる場合もあります。

3.「ネットやSNSチェックをして家で過ごす」を選んだあなたは遠距離恋愛を
寂しがり屋だから苦手としている

 誰かとコミュニケーションを取ることをして過ごすあなたは、寂しがり屋で遠距離恋愛を苦手とするタイプ。常に恋人には近くにいてほしいという気持ちを、押さえられないでしょう。そのため感情にまかせてしつこく連絡して相手を煩わせてしまったり、せっかく逢えた日も、それを楽しむより帰りの時間が気になって気落ちしてしまったりと、上手に自分をコントロールすることが難しそうです。寂しさに耐えきれず、別れを切り出さないように気をつけましょう。

4.「録画番組を観たり本を読んだりして家で過ごす」を選んだあなたは遠距離恋愛を
なんとなく受け入れる

 手軽に時間をつぶそうとするあなたは、なんとなく遠距離恋愛を受け入れてしまうタイプ。ただ、お互いに忙しくなってしまうと、一方の費用の負担が重いとか、移動距離の長さによる疲れなど、少しずつ現実が見えてきます。結局、成り行き任せでは関係が自然消滅したり、徐々に逢う頻度が減ったりということになりかねません。ただ、相手が熱心で、あなたの気持ちに寄り添うフォローがあれば、それに引っ張られる形で2人の関係は無理なく続いていくでしょう。

文=フェリーチェ