デート中、「無理しているな」と感じる男性の振る舞い9パターン

写真拡大

デート中は、彼女にいいところを見せたいと思う男性は多いでしょう。そのため、つい背伸びをしてしまいがちですが、それが逆に「無理しすぎ」と女性に負担を感じさせることがあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への質問を元に、「デート中、『無理しているな』と感じる男性の振る舞い9パターン」をご紹介します。

【1】沈黙を埋めようと必死でしゃべり続ける
「そんなに無理に話さなくてもいいのに」(20代女性)と、男性の話題探しに必死な姿に冷めてしまう女性は多いようです。自分から話題を提供するばかりでなく、女性の言葉を拾ってそこから会話を広げてみてはいかがでしょうか。

【2】キレイな景色を見ている最中に、あくびを堪えている
「退屈しているのがバレバレ」(30代女性)など、デート中のあくびは女性に悪印象を持たれてしまうようです。どうしても我慢できない場合は、「前の日、残業であまり寝ていないんだ」と一言フォローしておきましょう。

【3】メールや着信があっても、携帯をチェックしない
「ソワソワするくらいならチェックすればいいのに」(20代女性)と、男性が携帯を気にしている様子を見て、負担に感じる女性もいました。無理に我慢せず、「仕事の話かも。少しだけごめんね」などと断ってから確認すれば、お互いに気兼ねなくデートを楽しめるかもしれません。

【4】何でもかんでも奢ろうとする
「無理に奢られると気が引ける」(10代女性)のように、どんな状況でも必ず自分が支払おうとする姿勢は、必ずしも女性に歓迎されるとは言えないようです。彼女が「たまには私が払うよ」と言ってくれたら、素直に甘えてみてはどうでしょうか。

【5】両手が完全に塞がっているのに、「荷物持つよ」と言ってくる
「どう頑張っても持てないでしょ」(20代女性)など、物理的に不可能な状況でも強がる男性にガッカリする女性もいます。とはいえ、女性にとって重い荷物を持とうとする優しさは嬉しいもの。デートの際は彼女のバッグを持ってあげることを想定して、両手が空く格好で出掛けるようにしましょう。

【6】カラオケで歌い慣れていない女性好みの曲を入れる
「聴いていて逆に気恥ずかしい…」(10代女性)と、カラオケで女性受けのいい曲を選んだものの、音痴であったり、男性自身のキャラクターとかけ離れている場合は、逆にマイナスポイントになるようです。いい格好をせず、自分の本当に得意な歌を楽しそうに歌うほうが、かえって距離を縮められるかもしれません。

【7】ショップでコーディネートしてもらったような格好で現れる
「服に着られている感じがすると嫌」(20代女性)のように、キメすぎたファッションだと、似合っていない場合は女性に引かれることもあるようです。あまり背伸びをせず、自分の体型や好みに合わせた服装をするほうが好感を持たれるのではないでしょうか。

【8】高級レストランで「俺、よく来ているから」と常連ぶった態度をとる
「一緒にいるこっちが恥ずかしい」(30代女性)など、高級店での男性の格好つけた態度を見て、落胆する女性もいるようです。高級店を訪れた経験が少ないなら、「緊張するね」などと素直な態度を見せるほうが、好印象を与えられるかもしれません。

【9】送ってもらった別れ際、何度も振り返り、「家に上がりたい」感が伝わってくる
「『誘ってほしい感』が丸見えでダサい」(20代女性)と、下心が見え見えの態度は、女性からの評価を下げることにつながってしまいます。交際中の相手ならば、OKサインを待つのではなく、自分から「部屋に寄っていい?」と言ったほうが男らしく感じてもらえるのではないでしょうか。

「デート中、『無理しているな』と感じる男性の振る舞い」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(磯田大介/Office Ti+)