5月18日、西野朗監督は30日のガーナ戦に向けて日本代表のメンバー27人を発表した。4月9日にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督からチームを引き継いで約1カ月。新監督が選んだメンバーは、前体制を引き継ぎつつも、西野監督らしい特徴があった。

それは、これまでポジション別に発表されていたメンバーでは、FWとしてカウントされていた本田圭佑、乾貴士、原口元気、宇佐美貴史がMFに分類されていたこと。そのため、ハリルホジッチ監督時代は、4-3-3のポジションそれぞれに2名または3名という選考でFWは6人以上だったが、今回はGK3人、DF8人、MF12人、FW4人と中盤の層が厚い構成になっている。

西野監督はこのポジション分類に意味はなく、選手には複数のポジションでプレーする「ポリバレント」性を求めるという。中島翔哉が外れた理由も「ポリバレントではなかった」ことがひとつだと説明した。今回の選考は、「ガーナ戦に向けてのメンバー」と今後の選手入れ替えの可能性を示したが、それでも中盤の人材が豊富な日本らしさを出していくという意図は見えた。

また、ここに来て「過去の実績経験値プラス、(現在の)トップパフォーマンス」という理由で青山敏弘を招集するなど、自分の色を出した。大きくは変わっていないメンバーだが、新たなチームであることは間違いない。

ガーナ戦に向けた日本代表メンバー

【GK】
川島永嗣
東口順昭
中村航輔

【DF】
長友佑都
槙野智章
吉田麻也
酒井宏樹
酒井高徳
昌子源
遠藤航
植田直通

【MF】
長谷部誠
青山敏弘
本田圭佑
乾貴士
香川真司
山口蛍
原口元気
宇佐美貴史
柴崎岳
大島僚太
三竿健斗
井手口陽介

【FW】
岡崎慎司
大迫勇也
武藤嘉紀
浅野拓磨

【日本蹴球合同会社・森雅史】