クリスティアーノ・ロナウド Photo by David Ramos/Getty Images

写真拡大

 サッカー界のスター、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドが製作総指揮を務めるサッカードラマをFacebookが獲得したと、Deadlineが報じている。

 タイトル未定の同作は、ニューヨーク州の高校女子サッカーチームが題材。多様な人種で構成される女子チームが快進撃を始めるにつれ、人種や経済格差で断絶していたコミュニティがひとつになっていくというストーリー。「メンフィス・ビート 南部警察 人情派」で企画・製作総指揮を務めたリズ・カルシアとジョシュア・ハートが、ロナウドとともに製作総指揮を務める。

 テレビドラマに参入した理由について、ロナウドは「時間が出来たとき、良質なテレビを見るのが好きなんです」と説明。「このドラマで女子チームが体験する浮き沈みは、ぼく自身が人生で体験したものと共通点が多いです。サッカーの世界を舞台にしていますが、その美しいスポーツだけでなく、もっと深いものを描きます。価値観や挑戦、友情、困難、努力、団結、緊張、調和……。ひとことでいえば、人生についてのドラマなのです」という。wiipが制作を行い、Facebook Watchで配信される予定。