MLS公式サイトは「MLSのチームが獲得すべき5人」として本田の名前を挙げている【写真:Getty Images】

写真拡大

パチューカからは本田、ゴンサレス、マネーの3人がノミネート

 日本代表FW本田圭佑は、今年6月でパチューカとの契約が満了。

 SNSで退団の可能性を示唆し、欧州やオーストラリア、日本、北米など様々な移籍先候補が報じられるなか、米MLS(メジャーリーグサッカー)公式サイトは「MLSのチームが獲得すべき5人」として本田の名前を挙げている。

 本田は昨季限りでセリエAの名門ACミランを退団し、今季からパチューカへ加入。2018年からスタートしたリーガMX(メキシコリーグ)後期リーグで7得点7アシストといずれもチームトップの成績を残し、チームの攻撃を力強く牽引した。惜しくも優勝決定プレーオフに進出できる8位以内に一歩及ばなかったが、メキシコ挑戦1年目で確かな足跡を残した。

 本田は5月3日に帰国してトレーニングを再開。J2東京ヴェルディの練習に参加するなどロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて調整を続けているが、今年6月で現行の契約が切れるため、来季の所属クラブは不透明な状況だ。

 そんななか、MLS公式サイトは「今夏のウインドーでMLSのチームが獲得すべき5人のリーガMXプレーヤー」と題して、隣国メキシコで活躍する選手に着目。プエブラのカナダ代表FWルカス・カヴァリーニ(25歳)、ロボスのコロンビア人FWジュリアン・キノン(21歳)のほか、パチューカから3人がノミネートされている。

 アメリカ代表DFオマール・ゴンザレス(29歳)、今年移籍してきたFWケクタ・マネー(23歳)、そして本田だ。記事では、「なぜ彼なのか?」とその推奨理由について説明している。


シュバインシュタイガーが在籍するシカゴ・ファイアーが新天地候補か

「今回のランキングで最年長の31歳。問題ない。彼はDFと競り合い、味方を走らせることができ、フィニッシュ力もある。ファンタスティックな後期リーグ(7得点7アシスト)を楽しんだ後、契約満了となる。MLSのターゲットとしてはよく知られた存在だ」

 そして、新天地候補にシカゴ・ファイアーを挙げた。同クラブは若いプレーメーカーを好むとしているが、「まだ活躍できるたくさんのガスを残した本田を見過ごしてはならない」と年齢に関係なくまだハイレベルなプレーができると判定し、「そのブランド力とビッグプレーを可能とする能力は、ファイアーの攻撃を活性化する」と記している。

 シカゴ・ファイアーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが在籍。アトレチコ・マドリードからの退団が決定している元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスや、今季限りでポルトとの契約が切れる元スペイン代表GKイケル・カシージャスの移籍先候補としても浮上している。果たして、日本が誇る希代のレフティーは、MLSに降り立つことになるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)