この記事の全ての写真はこちら

 先場所の負け越しで、6場所ぶりに関脇陥落。大関取りの重圧から開放され、心機一転、巻き返しを誓った信州生まれの黒豹の胸中に迫る!(取材・文:武田葉月/ノンフィクションライター)

 横綱・鶴竜の優勝で、幕を閉じた大相撲春場所。4月上旬からスタートした春巡業は連日満員で、相撲人気の高さを物語っていた。そんな中、明るい笑顔でチビッコ力士に胸を出すなど、サービス精神旺盛に土俵を盛り上げていたのが、小結・御嶽海である。昨年から今年にかけて、5場所連続で関脇の座に君臨。「大関に最も近い男」と言われていたが、春場所は7勝8敗と苦杯を舐め、“大関獲り”は一旦、白紙に……。再チャレンジに燃える御嶽海を直撃した!

――巡業中は精力的な稽古を積まれていましたね。

御嶽海(以下、御) 春場所、久しぶりに負け越してしまったでしょう。“大関候補”と言われて、関脇にずっといるのは、キツいものがあるんですよ。大関昇進は、10勝以上しなければならない(昇進基準は3場所で33勝以上)ので、自分の中で“二ケタ勝利”にこだわって、疲れてしまった部分もあったんです。負け越したことで、逆にリセットできました。

――関脇に居続けるというのは、厳しいものですね。

御 ハイ。でも、今回負け越して、なぜか悔しくなかったんですよ。昨年九州場所、今年の初場所で、8勝、9勝と二ケタに届かなかったときのほうが悔しかった。負け越して、ただ勝ち越しただけじゃ、上に行けないんだということが身にしみました。今は体の動きも悪くないですし、これから「意識を変えていく」という意味では、いい経験だったと思っています。

■学生横綱とアマチュア横綱を獲り、入門

 御嶽海久司、25歳。小学1年生から始めた相撲で、中学、高校、大学を通じて大活躍。東洋大4年のときには、学生横綱とアマチュア横綱のタイトルを獲り、“アマ十五冠”の実績をひっさげて、15年春場所、幕下10枚目格付け出しでデビュー。四股名は、地元、信州の山・御嶽山(おんたけさん)から、音を変えて、御嶽海(みたけうみ)。所要2場所で新十両、5場所で新入幕を決めた。

――大学卒業後は、和歌山県庁に就職が決まっていたそうですね。一転、相撲界への道を選んだ理由は、どこにあったのでしょうか?

御 大きかったのは、4年で学生横綱とアマチュア横綱を獲ったことです。大学は違いますが、2学年上に(アマチュア横綱と国体を制して、幕下10枚目格付け出しで入門した)遠藤関がいらして、入門以来、大活躍されていて……。それまでは、「遠藤関、すごいなぁ」と見ていただけだったんですが、タイトルを獲って、「自分も行けるかも……」という気持ちに変わったんです。

――入門後は、遠藤関とほぼ同じペースで、幕内に昇進。プレッシャーを感じることもあったのでは?

御 バリバリありましたよ(笑)。幕下10枚目からのスタートですし、周りからは「アマ横綱なんだから、勝って当然だろう」と見られている中で、相撲を取るわけですから。それまで感じたことのない緊張感の中での土俵でした。だから、6勝、6勝で新十両を決めたときは、本当にホッとしましたね。

――その後も順調に番付を上げて、16年九州場所では新三役に昇進。幕内・北勝富士関らと結成する「平成4年組」の出世頭です。

御 今、25歳、平成4年生まれの力士同士は仲がよくて、番付とか部屋とか関係なく、巡業中も一緒に飲んだりしているんですよ。番付的に自分が上なので、ライバルと思ったことはありません(笑)。北勝富士関は意識してくれているようですが、「眼中ねえよ」って言ってます(笑)。ライバルという意味とは違いますが、意識しているのは大関・高安関です。高安関と僕の母親がともにフィリピン出身ということもあって、ふだんからかわいがってもらっているんですよ。(高安関が昨年の名古屋場所で)大関に昇進するまでは対戦成績も五分五分だったんですが、この1年で差が開きましたからね。「この差はなんなんだ!」って、悔しくて(笑)。春場所14日目の対戦は、攻め込んだものの、最後は突き落とされて負け越しが決定。でも、結果がすべてなんですよね。

■白鵬や日馬富士、鶴竜に土

――高安関の存在は大きいんですね。さて、御嶽海関が存在感を示したという意味で印象深いのは、昨年の名古屋場所11日目の白鵬戦。白鵬関が前日まで全勝で、魁皇関の持つ1047勝に並ぶのではないかという日に、対戦が組まれました。

御 白鵬関の1047勝目の相手として、何度もテレビでリプレイされたりすることは避けたかったんです(笑)。とはいえ、それまで一度も勝ったことがなかった(不戦勝はあり)だけに、勝った瞬間は「あれっ? いいのかなぁ?」と戸惑いました。観客席から飛んでくる座布団を見て、どっちの座布団なのかな? 本当に勝ったのかな? って、あのときは、何がなんだか分からなかった。あと、忘れられないのが17年初場所。日馬富士関、鶴竜関の2横綱に土をつけたことです。お二人に勝ったことは自信になりましたし、その後ずっと三役を維持しているんですよ。

■逸ノ城のプリンを強奪

――三役・御嶽海の礎になった場所なんですね。では、相撲一色の生活の中で、どんな気分転換をされているんでしょうか?

御 お酒も好きですが、稽古が終わった午後の時間を利用してカフェ巡りをしています。出没スポットは、両国の部屋から近い清澄白河とか浅草。ケーキとかのスイーツを食べて、リラックスしています。目立つんじゃないかって? 逆に浅草あたりは力士を見慣れていることもあって、騒がれたりすることもそんなにないですよ。(ここでおもむろに、隣に明け荷を並べている逸ノ城に目を向けて)「逸ちゃん、それ、プリン? ちょうだい!」 プリン、大好きなんですよ。「逸ちゃん、ごっちゃんで〜す(笑)」

――強奪しましたね(笑)。スイーツ好きな一方で、毎日、特製スムージーを作って飲むなど、健康面にも気を遣っていますよね。

御 あと、食べ過ぎて体が重くならないように、巡業中は炭水化物を摂るのは2日に一度と決めているんです。逸ちゃんみたいになっちゃうと、困っちゃうし(笑)。逸ちゃんって今、何キロあんの?(逸ノ城関、指で225キロと体重を表示)

■北川景子や武井咲が好きだったが

――ちなみに、御嶽海関の好みのタイプの女性は?

御 篠崎愛ちゃんって答えていたんですが。好きだった北川景子さん、杏ちゃん、武井咲ちゃんも結婚しちゃったし。

――人妻好きでは?

御 可能性はある(笑)! そうそう、先月の長野・伊那市の巡業のとき、平昌オリンピックスピードスケートの金メダリスト、小平奈緒選手と一緒に食事をしたんですよ。かわいらしい女性で、とても31歳には見えなかったなぁ。アスリートの食事制限の厳しさなども教えてもらいました。

■横綱がいないと燃えない!

――さて、今年初場所では同じ一門の栃ノ心関が初優勝。

御 栃ノ心関の優勝はいい目標になりました。初場所、僕は初日から7連勝していて、一時はトップに立っていたんですよ。あの場所は2横綱の休場で、大チャンスといわれていましたが、自分は横綱がいないと燃えないタイプなんです。自分より上位の力士がいて、初めて自分の力が発揮できると思っているので、今の3横綱には引退してもらいたくないですね。確かに、先場所は7勝8敗と負け越してしまった。でも、「壁にぶち当たった」とか、そういうことじゃないんです。ただただ、自分の体力がなかっただけ。壁なんか自分で作っちゃダメなんですよ。常に自分を研究していければ、壁はない。僕は、そう信じています。そして、出直しとなる夏場所は、初心に戻って、気持ちを引き締めていきたいですね。大きな目標としては、高安関と同じ地位を目指したい。自分としては、「なれるときになるのが大関」と思って、自然体で相撲を取りたいです。

――御嶽海の夏場所での巻き返しに期待しよう!

御嶽海久司(みたけうみ ひさし)

本名=大道久司。1992年12月25日、長野県木曽郡上松町出身。上松小1年から木曽少年相撲クラブで相撲を始め、小5でわんぱく小結(8強)、全日本小学生優勝大会2位、小6でわんぱく関脇(3位)、木曽町立福島中3年で全中8強、木曽青峰高2年で国体8強に。東洋大では、4年時の学生横綱、アマチュア横綱など十五冠を達成した。出羽海部屋に入門し、2015年3月初土俵。同年7月新十両、11月新入幕、翌16年11月新小結、翌年7月新関脇に(以降、5場所連続)。殊勲賞2回、技能賞1回、敢闘賞1回、金星2個。得意は突き、押し。出羽海部屋所属。180センチ164キロ。