まるで90年代トレンディドラマの、主人公のような男がいる。

彼の名は、一ノ瀬瑛太。ニックネームは“イチエイ”。

華やかなイメージの広告代理店の中でも、「エリート」とされる、大手自動車メーカーの担当営業だ。

慶應義塾大学卒業。港区の大手広告代理店勤務。“花の第1営業部”所属、35歳、独身。

エリート街道をひた走ってきた瑛太は、このまま順調に出世できるのか…?

これは、東京でしのぎを削る30代サラリーマンの、リアルな心の叫びである。

瑛太が初めてチームリーダーを任されて臨んだ競合プレゼンは、まさかの結果となった。その後屈辱的に、後輩の部下になりながらも、なんとか再プレゼンが終わった。そんな瑛太に、今度は部長昇格の打診がくるが…。




「先日のお話、ありがたいのですが、辞退させて頂きます」

部長昇格含みで打診された、関西支社への異動。

今日がその回答期限だった。

イチエイの本部長と、わざわざこの結論を聞きに来た遠藤本部長が、二人して目を丸くしていた。

「おい、一ノ瀬。一体どういうことや?そんなに俺の部署に来るのが不満か?しかも部長昇格までこっちは考えてんねんぞ」

遠藤本部長は、顔を真っ赤にしながら、まくし立てる。

「一ノ瀬くん、遠藤本部長もわざわざ大阪からいらしているんだ。これはきっちり説明してもらわないと」

冷静を装いながらも、明らかに苛立ちを抑えきれない本部長もそれに続いた。

「もしかしてあれか?会社辞めて独立とか考えてるんか?最近そういう奴多いからなー。でもな、あんなん大概うまくいかへんで」

確かに浩司の他にも、この数年は退職する同年代が増えている。今の管理職の、一番の悩みの種だ。

「いえ、違います。ただ、私は決めたんです」

ずっと口を閉ざしていた瑛太が、ようやく口を開いた。


苦悩の末の決断。瑛太の出した答え、その真意が明らかに…!?


「私は今のまま、東京に残りたいと思います。東京で、今のイチエイで、部長になれるように頑張らせて頂きたいと思っています」

本部長相手にも、全く視線をぶらさず、強い意志で瑛太は思いを告げた。




打診から1週間、瑛太は改めて冷静に自分のこれからの人生に思いを馳せた。

-俺が本当にやりたいことってなんだっけ?

-俺は本当に同期最年少役員になりたいのか?

-転職や独立という選択肢はないのか?

答えは、堂々巡りだった。

先日の“会合”でゆるふわOLの真希が言っていた。

『やっぱり、大企業のサラリーマンって大変だねー。私、転勤とかありえないし!東京離れるなんて考えられないよ。東京で役員目指しますって言ってみたら良いじゃん!』

人生は意外とシンプルかもしれない。

関西に転勤して、もちろんそれが新天地かもしれない。

だが部長になってずっと関西にいるのが、本当に幸せだとは、今の瑛太にはどうしても想像できない。

例えば、東京に残る代わりに出世を諦める必要があるのかというと、もちろんそんな必要はない。今の本部長がいつまでそのポジションにいるかもわからないからだ。

あるいは、今のしがらみから抜け出して独立や転職をするという選択肢はどうだろうか。だが、それではなんだか動機が不純で、まるで逃げているような気がする。

-今は東京に残りたいし、やっぱりこの会社で出世して上を目指したい。

その想いが強くなるほどに、プレゼンで敗退したうえ、この打診を断ってしまうと今後に影響が出るのではないかと、後ろ向きな考えがいくつも浮かんだ。

だが結局、そういった自分ではどうしようもないことに右往左往してもしょうがない。まずは自分の意志をハッキリする。それで出た結果を、何があっても受け入れる。

その方が納得できる。

変に打算で動いても、何も保証されないのだから。

そんな、シンプルな考えに至ったのだった。



「一ノ瀬くん、仮にこのままイチエイに残って、君が部長になれる保証はないよ。しかも前回のプレゼンのこと、今回の辞退のこともあって…」

もう君には先がない、そんなことをほのめかすように、本部長が釘を刺す。

「はい、もちろんわかっています。それでもまず自分の考えをハッキリさせようと思いまして。では失礼します」

吹っ切れた瑛太は、いつもよりも足取り軽く、本部長室を後にした。


大きな決断を下した瑛太に、新たな辞令が降りかかる…!?


「いやー、よくそこまで堂々と言ったね。偉いよ!」

浩司は瑛太の肩を叩きながら、上機嫌におかわりのビールを注文した。

今日は、瑛太の決断を気にしていた浩司と博史と3人で、『やきとん まこちゃん』に来ていた。




「まぁ、退職を決めてる浩司だから言えることだよ。俺にはそんな勇気はないな」

そんなことを言いながら、吹っ切れた瑛太を見て博史も安心した様子だった。

未来は誰にもわからない。

だからこそ、自分の人生はきちんと自分の意志で決断したい。

その結果がどうなろうと受け入れる。

色々と失敗を重ねた瑛太だからこそ、辿り着いた結論だった。

もし順調にプレゼンに勝利して部長になっていれば、こんな風に改めて人生を見つめ直すこともなかっただろう。

自分にとっての幸せとは、一体何なのか。

一度きりの自分の人生、会社や仕事だけが全てじゃない。出世を諦めても死なないし、転職や独立が全てでもない。

-俺はこのまま、もう一度上を目指す。

それが瑛太の出した結論だ。

「というわけで、今日は楽しく飲もうぜ。いらっしゃいませー!」

そうして、男3人の“会合”は深夜まで続いた。



それから、さらに1週間が経ち、瑛太はまた、本部長室に呼ばれた。

「失礼します。一ノ瀬、入ります」

いつものように本部長室に入るとそこには、本部長と、見慣れないスーツ姿の男性がいた。

「一ノ瀬くん、こちら名古屋支社の河村部長だ」

「どうも、初めまして、一ノ瀬です」

要領の得ない瑛太は、たどたどしく挨拶をし、椅子に座った。

「端的に言うと、7/1付けで一ノ瀬くんはこの河村部長のいる名古屋支社に異動が決まった。今回は打診ではない、業務命令だ」

突然のことに、さすがの瑛太も固まってしまった。

「色々と君のことを考えてね、こういった経験も必要だと思ったのでね」

本部長が言い訳がましく話をしようとするのを、遮るような勢いで瑛太が声をだした。

「かしこまりました。喜んで行かせて頂きます」

その返答にはさすがの本部長もビックリした様子だった。

つい1週間前、部長昇格含みでの関西転勤を断った瑛太が、こんなに即断するとは予想もしていなかったのだろう。

もちろん、内心で瑛太は動揺していた。

ただ、1週間前に大阪異動を断ろうと決めた時に、あることを覚悟していたのだ。

自分の意志を貫いた結果どうなっても、その結果を受け入れようと。

どうなっても、それで人生が終わる訳ではない。自分の目標に向けて、動き続けるしかないのだ。

「じゃあ、早速だけど、一ノ瀬くんにお願いしたい業務の説明をしよう。まさかこんなに気持ちよく受け入れてくれるなんて、嬉しいよ」

そうして河村部長は、瑛太と打ち合わせを続けた。



30代のサラリーマンは仕事が人生の中心、いや全てだ。

だがそれでも、出世だけが、仕事だけが、その会社だけが人生の全てであるはずはない。

あくまで自分がどうありたいか、本当はそれが一番大事。

でも、せっかく入った大企業、手に入れた高収入。

一見それに惑わされてしまう。

決して、「独立して辞める」のがカッコいい訳ではない。

「家族優先」だけが、素晴らしい訳ではない。

自分で決めた生き方であれば。

学生時代、社会のことがわからないうちに入社を決めた会社が人生の全てになるのが、残念なだけだ。

今の会社で、上司の顔色を伺う訳ではなく、上を目指すことを決めた瑛太。

あなたは、どう生きたい?

ーFin.