連敗を止め、緒方監督(右)とタッチする鈴木

写真拡大

 「中日2−3広島」(17日、ナゴヤドーム)

 広島が主砲の一発で逆転勝利。中日戦の連敗を「5」で止めた。

 五回に2点を先制されたが、六回にこの日、組み替えた打線がつながった。田中と菊池で無死一、三塁とすると、3番に入った松山が左中間を破る2点適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

 2−2の九回無死からは、鈴木がドラフト1位・鈴木博(ヤマハ)の直球を左翼席へ放り込む4号ソロで逆転に成功した。これで鈴木が本塁打を放った試合は4戦4勝だ。

 七回から登板した今村、ジャクソン、中崎の「勝利の方程式メンバー」も無失点で切り抜け勝利に貢献。緒方監督は「4番が目の覚めるようなすごい一発を打ってくれた。ザキも猛もしっかりと抑えてくれた」とナインをたたえた。