「ロッテ3−6オリックス」(17日、ZOZOマリンスタジアム)

 ドラフト5位の渡辺啓太投手(NTT東日本)がプロ初登板初先発して5回を被安打8の3失点(自責1)でマウンドを降りた。

 「あまり良くなかった。甘く入ってしまった。甘かったと思う」

 甘いという言葉を繰り返してデビュー戦を振り返った。

 イースタン7試合で3勝3敗、防御率2・18の成績を残して一軍切符をつかんだ。

 一回、宮崎に初球を中前に運ばれた。このの安打から無死満塁のピンチで招いた。粘りを発揮した。ロメロ、小谷野、T−岡田を凡打に切った。

 だが二回だ。1死後、大城の二塁打から若月に先制打を浴びた。さらに2死一、二塁。遊撃後方の飛球を追った藤岡裕と左翼・清田が交錯した。藤岡裕の落球が出て二者が生還した。

 「いい緊張感がありました。初回の満塁を抑えて落ち着いたところもあった。途中から雰囲気にも慣れてきました」。三回には無死一塁でT−岡田をストレートで投ゴロ併殺打に仕留めた。

 ストレートにカーブ、スライダー、フォークを織り交ぜて5回を被安打8で3失点。社会人時代からの「大崩れしないタイプ」という評を実践した。

 井口監督は「初回バタバタしたが、腕を振ってあそこを粘った。あそこで崩れる投手が多い中でよく踏ん張った。しっかりと投げてくれた。次回、楽しみです」と評価した。

 「いい当たりが(野手の)正面だったり、いいところに飛んだ。良かった点、悪かった点を反省します」

 渡辺が次回の先発をにらんだ。