知ったかぶりに「ショックです」

写真拡大

 小松菜奈と大泉洋が5月17日、東京・スペースFS汐留で行われた「恋は雨上がりのように」の年の差さん限定試写会に出席した。

 眉月じゅん氏による同名人気漫画の実写映画化。ケガで陸上の夢を絶たれた女子高生のあきらを小松、あきらが片思いする45歳バツイチ子持ちのファミレス店長・近藤を大泉が演じ、2人がそれぞれの夢と再び向き合うまでの人生の“雨宿り”を描く。「あきらと近藤は28歳の年の差」という設定にちなみ、試写会には、10歳以上年齢が離れているカップルや夫婦、親子など、様々な“年の差さん”が集まった。

 実年齢では23歳差の大泉と小松。年の差のギャップを感じたことは「1回もない」という小松に対して、大泉は早速「なきゃないで、それも問題ですけどね。大泉さんは大人でしたという一面もあってしかるべしですよ。大人の一面も見せてるでしょ?」とぼやき節全開。小松とのギャップについては「ないとはいいきれないですけど、ものすごく優しいし、おじさんに合わせてくれる。若いなと思う時もありましたけど、それも全て含めて愛おしい」と撮影を振り返っていた。

 「年の差ギャップクイズ」と称した「相手のことを、自分よりも子どもっぽいなと思う瞬間がある」「同じことをしていても、体力の差を感じる」という問いかけに嬉々として応えていた小松と大泉だったが、2人の絆が揺らぐ瞬間が訪れた。それは「相手が話していることがよく分からないけど、思わず知っているふりをしてしまったことがある」という質問に対して、小松が「YES」と回答したことがきっかけだ。そのアンサーを見た大泉は目を丸くして「どこでそんなことがあったんですか!? おじさんの話がわからないけど、わかっているふりをしていたのか…ショックです」と肩を落とした。

 「大泉さん、昔の番組のことをはしゃぎながら話すんですよ。でも、全然わからなかった(笑)。楽しくお話されていたので『いや、ちょっとわからないです』と言えなかった」と小松の理由が明かされたが、大泉は「めちゃくちゃ気をつかわせていたんじゃないですか。ギャップ、あるじゃないか!」と猛ツッコミ。「(ギャップを感じたのは)全部じゃないですよ」(小松)というフォローには「もう手遅れです」と仏頂面で切り返し、爆笑をかっさらっていた。

 だが、観客として訪れていた20歳差の夫婦とのトークでは、大泉の心は晴れやかに。2人が「水曜どうでしょう」のファンだとわかるやいなや「出ました! “水曜どうでしょう婚”ですね」とハイテンションの大泉。「『水曜どうでしょう』が好きで、お互いがグッと近づくというパターンは多いんですよ。『水曜どうでしょう』が好きな人に悪い人はいませんから」と満足気だった。「恋は雨上がりのように」は、5月25日から全国公開。