韓国代表がW杯の黒歴史を振り返る

写真拡大

 韓国『朝鮮日報』が「『このシーンは、忘れてください』···歴代W杯の韓国代表黒歴史」と題し、韓国代表の苦い記憶の数々を振り返っている。

 韓国のW杯初出場は1954年スイス大会。初戦のハンガリー戦でW杯史上最多タイの点差となる0-9の惨敗を喫すると、続くトルコ戦も0-7で大敗した。1大会おける16失点は歴代最多となっている。

 失点に関しては他にも不名誉な記録を持っており、2002年日韓大会の3位決定戦トルコ戦(2-3)で喫した開始11秒の失点は歴代最速。同紙では「ホン・ミョンボの致命的なミスのせいだった」と指摘している。

 韓国は退場劇でもインパクトを残してきた。同紙は「1998年フランス大会のメキシコ戦でのハ・ソッチュ(現アジュ大監督)の退場は、まだ多くの人々に鮮やかな記憶として残っている」とし、先制直後に後ろからのタックルでレッドカードを受けたハ氏を紹介。1-3の逆転負けを喫した原因になったとして、長い間非難に苦しめられたという。

 図らずも世界から注目を浴びてしまった一発退場もあった。1986年メキシコ大会のアルゼンチン戦(3-1)では、ホ・ジョンム氏がマラドーナ氏に対する激しい守備でレッドカード。当時、このシーンが外信写真を通じて伝えられ、「『テコンドーサッカー』という皮肉を受けた」と、同紙は回想している。

 また、同紙は「デマによる混乱も発生した」と、ピッチ外でのトラブルも紹介。2002年日韓大会の準決勝で韓国がドイツに0-1で敗れた翌日、「ドイツの選手が禁止薬物を使用したため、韓国が決勝に進出することになった」という偽ニュースが広がり、W杯組織委員会と大韓サッカー協会に問い合わせの電話が殺到したという。

 さらに2006年ドイツ大会では、審判の微妙な判定の末に0-2で敗れたスイス戦後、「100万人以上がFIFAに再試合を要求」というデマが回ったようだ。数十万の韓国サポーターがFIFAのホームページに同時アクセスしたと見られ、同紙は「FIFAが韓国IPの接続を遮断する笑えないハプニングまで起った」と自虐的に振り返った。

 今回のロシアW杯で9大会連続10回目の出場となる韓国。グループリーグではF組に入り、6月18日にスウェーデン、23日にメキシコ、27日にドイツと対戦する予定となっている。


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送