映画『恋は雨上がりのように』年の差さん限定試写会が17日、都内・スペースFS汐留にて行われ、小松菜奈と大泉洋が登壇した。

劇中で年の差“28歳”の役を演じる小松と大泉。実年齢では“23歳”差の2人は、それぞれギャップを感じたことを聞かれると「1回もないですね!」(小松)、「1回もないってことはおかしいんじゃない?『大泉さんは大人でした!』ってところもあって良いと思う!(小松は)一緒にいて楽しいし、たまに『若いな』と思うところもありました。可愛いし、好きですね〜」(大泉)と仲睦まじい様子をのぞかせる。

「45歳のおっさんのどこが子供っぽいんだ!」

イベントでは、「年の差ギャップクイズ」と題されたYES/NO形式のクイズコーナーが。「相手のことを、自分より子供っぽいなと思う瞬間がある。」とのお題に、小松はNO、大泉はYESと回答。大泉は「当然ですよ!これでYESって答えられたら、ちょっとイラッとします(笑)45歳のおっさんのどこが子供っぽいんだ!」と笑みをこぼす。

続けて、小松の子供っぽいところを聞かれると「意味なく走るところ!」と大泉。砂浜であるシーンを撮影した際に「もう砂浜ついた瞬間から『あっはっはっはっは〜!』って走り出した(笑)子供って意味なく走り回るから」と小松が愉快に走っていた姿を真似してみせ、笑いをさらっていた。

大泉洋「ショックです…」「もう手遅れです…」

さらに、「相手が話していることがよくわからないけど、思わず知っているフリをしてしまうことがある。」とのお題に、小松はYESと回答。理由を聞かれると、「大泉さんがすごい楽しそうにはしゃいで話すんです。昔の番組とかの話をしてくださるんですが、全くわからない(笑)楽しくお話しされているので、『わからないです』とは言えなかった」とコメント。その言葉に、大泉は「ショックです…僕はNOです。それは彼女が知っていると思ってたから…」と肩を落としていた。小松は「全部じゃないですよ!?」と明かすも、大泉は「もう手遅れです…」としょんぼりしていた。

「『水曜どうでしょう』が好きな人に悪い人はいない!」

また、ステージ上に実際の年の差さんを呼んでトークを行っていく一幕があると、大泉は「いよいよ『新婚さんいらっしゃい!』じゃないですか(笑)」とツッコミ。20歳差のご夫婦との対談では、「水曜どうでしょう」の話で意気投合し、大泉は「『水曜どうでしょう』がきっかけで距離がグッと近づく、コレ多いんですよ〜!」と得意げ。続けて、「『水曜どうでしょう』が好きな人に悪い人はいない!」と会場を沸かせていた。

原作は、累計発行部数175万部を突破し(2017年11月現在)、2018年1月からはフジテレビの「ノイタミナ」枠ほかにてアニメ化もされる眉月じゅん原作の人気漫画。陸上の夢を怪我で絶たれてしまった主人公の女子高生【あきら】が、冴えない45歳のファミレス店長【近藤】の優しさに触れ、恋に落ちるさまを描くラブストーリー。

主人公の女子高生【あきら】役に小松菜奈、冴えない45歳のファミレス店長【近藤】役に大泉洋が扮し、本作で初共演を果たす。共演に清野菜名、磯村勇斗、松本穂香、葉山奨之、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊らが名を連ねる。監督を『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』『帝一の國』などで知られる永井聡が務める。

映画『恋は雨上がりのように』は5月25日(金)より全国東宝系にて公開

©2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド