波瑠、同じ体育会系女子を演じる中谷美紀より「似合ってる!」と言われるワケ

写真拡大

 現在放送中の人気ドラマには、頭の中まで筋肉でできていそうなデリカシーに欠ける女性キャラクターが2人いる。

 1人は「あなたには帰る家がある」(TBS系)で中谷美紀が演じている職場復帰したばかりの妻・佐藤真弓。そしてもう1人が「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)で波瑠が演じている女刑事・矢代朋だ。中谷も波瑠も、女優として演じる役の幅を広げるために、これまでに演じたことのない新しいキャラクターに挑戦しているようだが、ネット上では見た目が繊細そうに見える2人が、時を同じくして体育会系女子を演じていることが話題になっているという。

「しかし『肌がくすまないように砂糖は7年間食べていない』『以前、肉類を6年間まったく食べずに体調を崩したことがある』など、ストイックな私生活がバレている中谷に対し、昨年4月期放送のドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で演じた、平気で不貞に走る美都を演じた波瑠のほうが、役柄に似合っているでしょうね。何しろ、波瑠は、『あなそれ』の役柄の件で、バッシングを受けても、自身のブログに『共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない』とクールに正論を書き、かねてより自身のことを『ズボラでおおざっぱ』と公言もしている。ネット上では波瑠のほうが、体育会系女子が似合っていると評判のようです」(女性誌記者)

 昨年12月いっぱいで言葉がメインのブログをやめ、今年1月からは写真や動画がメインのインスタグラムに切り替えた波瑠。もしかしらた、ズボラでおおざっぱな人は、ブログよりインスタのほうが向いているのかもしれない。