『さらざんまい』の重要人物となる2人組の警官、玲央と真武

写真拡大 (全2枚)

少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』などのTVアニメを世に送り届けてきた監督・幾原邦彦さんの最新作『さらざんまい』。

【幾原邦彦『さらざんまい』新キャラ公開 2人の警官が物語の鍵をにぎる?の画像・動画をすべて見る】

そのキャラクター原案をイラストレーターのミギーさんが担当。併せて物語の重要人物となる2人組の警官、玲央と真武のビジュアルが初公開された。

さらに、スピンオフのコミカライズ『レオとマブ~ふたりはさらざんまい~』が、5月22日(火)発売の『ルチル』(幻冬舎コミックス刊)よりスタートする。

幾原邦彦監督の最新作『さらざんまい』

2019年に放送が予定されている幾原邦彦監督の新作アニメーション作品『さらざんまい』。



アニメーション制作は『ユーリ!!! on ICE』のMAPPAと、幾原監督の前作『ユリ熊嵐』を担当したラパントラックが共同で手がける。

そして今回、キャラクターデザインがミギーさんであることが発表。なお、主人公はこの警官2人組とは別にいるようだ。

コミカライズも始動

レオとマブ~ふたりはさらざんまい~

さらに漫画版『レオとマブ~ふたりはさらざんまい~』は『月刊バーズ』で「警視庁抜刀課」を連載中の斎藤岬さんが手掛ける。

玲央と真武のほのぼのした日常に焦点をあてた内容でありつつ、幾原邦彦監督の監修により、TVアニメ『さらざんまい』に “つながる”もう1つの物語になるという。

なお連載は奇数月が雑誌『ルチル』に、偶数月はWebコミック『ルチルSWEET』に掲載される形態だ。

(C) イクニラッパー スピンオフコミック「レオとマブ~ふたりはさらざんまい~」画像・ロゴ (C) イクニラッパー・斎藤岬/幻冬舎コミックス

知りたいんだ、幾原のこと