曲面ガラスも端までピッタリ。液体接着剤のスマホ保護フィルムをドコモが独占販売


近頃のスマホ保護フィルムって、画面の端まで覆ってくれませんよね。

これは、最近のスマホが画面のエッジを立体的に丸めた「2.5D」デザインを採用しているため。エッジの曲率には個体差があり、また保護フィルム自体にも個体差があることから、曲面に貼っても浮かない保護フィルムを製造することは難しいというわけです。

そんな課題を克服した新型ガラスフィルムが、韓国Whiestone社製の「DOME GLASS」です。これは液体の接着剤を使うことで、微妙な個体差を貼り付け時に吸収。Galaxy S9シリーズのように端が大きく湾曲した表面でも、端までしっかりと保護できるのが特徴です。

NTTドコモは、同フィルムを5月18日より国内で独占販売。装着には特殊な機材が必要なため、ドコモショップにてフィルムの貼り付けサービスを提供します。

●硬化したシリコンが個体差を吸収

同フィルムの肝となるのが、画面とフィルムの間に注入する液体シリコン(レジン)です。まず、画面の上に液体シリコンを垂らし、その上からガラスフィルムを貼ります。その後、専用のUVライトで紫外線を当てるとシリコンが硬化。曲率の個体差を吸収して、しっかり貼り付けられるといいます。

シリコンが硬化しているといっても、通常のフィルムのように剥がすことも可能。やや剥がれにくくはなっているものの、担当者によると剥がす際にスマホにダメージを与えることはないといいます。



同フィルムの対応スマホは「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「AQUOS R2」「Galaxy S9」「Galaxy S9+」「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ2 Compact」などとなっています。

関連:
曲面ディスプレイのスマートフォンも守る「DOME GLASS」を試してみる