「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」の沢村一樹&上戸彩

写真拡大

 俳優の沢村一樹が、7月期クールに放送される「絶対零度」シリーズの第3弾「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」で月9初主演を務めることが決定した。2010年、2011年に放送されたシーズン1、2で上戸彩が演じた主人公・新米女性刑事・桜木泉からバトンタッチし、元公安のエリート刑事・井沢範人に。上戸も桜木を続投し、捜査中に突如失踪するキーパーソンとして登場する。

 シーズン1の平均視聴率は14.4%、シーズン2は13.1%、2011年放送のスペシャルドラマも13.9%といずれも高視聴率を記録(視聴率は全て関東地区、ビデオリサーチ調べ)。第3弾では、ある事件を機に公安から、警察内で厄介払いされたトラブルメーカーたちが集う資料課に室長として転属された元公安・井沢を中心にした物語に。脚本を、前2シーズンに続き浜田秀哉が、演出を「ストロベリーナイト」シリーズ(2010・2012・2013・フジテレビ系)、「無痛 〜診える眼〜」(2015・フジテレビ系)などの佐藤祐市が担当する。

 井沢が配属される資料課はいわば吹き溜まりとされているが、実は秘密裏に進められている重要なプロジェクトの任務を託されており、これから起こる重大犯罪、主に“殺人”を犯す可能性の高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”を用いて、重大犯罪を阻止すべく戦っていく。

 2017年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」ではヒロインの父親を好演し、主演ドラマ「ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜」(2017・テレビ東京系)では広告マンに。現在放送中の「未解決の女 警視庁文書捜査官」(2018・テレビ朝日系)では警視庁捜査一課「特命捜査対策室」室長を務めるプライドの高い刑事にふんするなど、極めて役のふり幅が広い沢村が月9初主演。上戸とは、スペシャルドラマ「李香蘭」(2007・テレビ東京系)以来の共演となる。

 沢村は、「刑事ドラマ作りは何よりもチームワーク。スタッフ、キャストが力を合わせて、楽しく、時には意見をぶつけ合えるような現場作りができたらなと思います」と意気込み。「物語は多くの謎をはらんだまま進行していきます。謎の失踪を遂げた上戸彩さん演じる桜木が“ミハン”と、今後どのような形で絡み合うのか……」と見どころをアピールしている。(編集部・石井百合子)

「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」は7月より毎週月曜21時〜フジテレビ系にて放送