体を鍛えるために何かやりたいけど、久しぶりのトレーニングだと、腕立て伏せはちょっとハードルが高い…。

そんなときに取り組みたい、「じっとするだけ」のプチトレーニングを紹介します。

腕立て伏せの姿勢をキープ。じっとするだけのトレーニング

1. 床に両手をつき、体を腕立て伏せの形にする。両足のかかとはくっつける

2. 腰が落ちてこないよう、おなかに少し力を入れる

3. そのままの状態で30秒キープする

4. 1〜3を3セットおこなう(1セットが終わるごとに、軽く手首と肩をまわしましょう)

手はあまり広げず、まっすぐ肩の下につくと体を支えやすくなります。

頭からつま先まで、直線になるように意識しましょう。

続けていると腰が落ちてきてしまうので、最後まで気を抜かずにおなかに力を入れておくのがポイント。

ただじっとするだけですが、これは「アームスタンディング」と呼ばれる立派なトレーニングのひとつ。

実際に3セットやってみると、意外と腕だけでなく全身を使う運動であることが分かります。

アームスタンディングに慣れてきたら、そのまま腕立て伏せを始めてもいいし、本格的に筋肉をつける「プランクチャレンジ」に挑戦してみるのも良さそう。

いずれの場合も、アームスタンディングでしっかり体幹を鍛えていれば、いつもより回数や秒数がたくさんこなせるようになります。

続けることで、おなかのシェイプアップやきれいな姿勢・体幹づくりにつながるアームスタンディング。

ほかのトレーニングをする前のファーストステップとして上手に活用して、夏までにすっきりしたおなかを目指したい。

写真/gettyimages