スイング不振に悩む石川遼 初日は2オーバーと出遅れる結果に(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<関西オープン 初日◇17日◇小野東洋ゴルフ倶楽部(7,124ヤード・パー72)>
初日から課題が露呈した。国内男子ツアー「関西オープン」。9年ぶり出場の石川遼の初日は3バーディ・5ボギーの「74」と振るわず。2オーバーと出遅れる結果になった。
【LIVE写真】関西オープン初日の模様を生配信中!
「前半はよかった」と、不振のドライバーもフロントナインは安定していた。しかし、後半では出だし10番でバーディを奪ったものの、ショットの安定感に欠けるシーンが目立ち、11番からは3ボギーに対して1つのバーディも奪えなかった。
今季初のオーバーパー発進となり、「改善したいことができないし、それができても続かない」と悩みは深い。「悪いのはドライバー1本だけ。(改善までには)まだ時間がかかりそう」と、厳しい表情で語った石川。予選突破がかかる明日の戦いに備えるべく、足早に練習場へと向かった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼・復活優勝へ】同じホールで「+5」の頑固さ 14本のクラブにこだわる理由
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る
【連続写真】石川遼が回帰 自身のベストスイングはいつだった?
【キケンな●●解説】PGAツアーの飛ばし屋に共通する、“高圧縮”ドライバーの世界
【LIVE写真】宮里藍、アン・シネが登場 女子ツアーのプロアマフォト