日本初「ジン・フェスティバル」が天王洲アイルで開催、国産クラフトジンや海外銘柄を飲み比べ

写真拡大

ジン・フェスティバル「GINfest.TOKYO 2018」が、2018年6月9日(土)・10日(日)の2日間、天王洲Canal Sideの「T-LOTUS M”」およびその周辺施設にて開催される。

「GINfest.TOKYO 2018」は、6月9日の「ワールドジンデイ(World Gin Day)」を祝うべく企画された、日本初のジン・フェスティバル。国立競技場の設計者としても知られる隈研吾監修による船上スペースをメイン会場に、ジンというお酒の魅力を多方面から紹介するイベントとなっている。

当日は、ジンの作り手やインポーターが立つブースにて、国産クラフトジンや海外のジンの飲み比べや、ボトルの購入が可能。会場内に設置される、ジンにフォーカスしたスペシャルバーでは、ジン&トニックなどのカクテルも楽しめる。

また、マーケットイベント「Tennoz Harbor Market」も同時開催。アンティークから古書、ヴィンテージファッション、グルメまで100店舗が並ぶマーケットで、爽やかなジン&トニック片手にショッピングを楽しんでみてはいかがだろう。

【開催概要】
「GINfest.TOKYO 2018」
開催日:2018年6月9日(土)・10日(日)
会場:天王洲Canal Side “T-LOTUS M” 及びその周辺施設
住所:東京都品川区東品川2-1 先
入場料:無料
※試飲については1銘柄100円相当で可能。会場内で試飲専用のドリンクチケットを販売予定です。
※カクテルやフードは有料。
■GINfest.TOKYO メイン会場 “T-LOTUS M”
開催日時:
・6月9日(土) 13:00〜20:00
・6月10日(日) 13:00〜18:00
■同時開催 Tennoz Harbor Market メイン会場 “B&C HALL”
開催日時:
・6月9日(土) 11:00〜20:00
・6月10日(日) 11:00〜18:00
※スペシャル・バーはB&C HALLに登場。


[写真付きで読む]日本初「ジン・フェスティバル」が天王洲アイルで開催、国産クラフトジンや海外銘柄を飲み比べ

外部サイト

  • アンダーズ 東京の夏メニュー - フレッシュピーチのアフタヌーンティー&アイスバーを浸したカクテル
  • ベルギービールウィークエンド2018、全国6都市7箇所にて開催
  • 東急プラザ銀座の屋上ビアガーデン、ギリシャレストラン「アポロ」とコラボ - シャンパン飲み放題も