遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが大暴れする/[c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

写真拡大

巨大化した動物たちが大暴れする『ランペイジ 巨獣大乱闘』(5月18日公開)。街を破壊しようとする巨獣たちと人間の闘いが繰り広げられる本作から、巨獣の恐ろしさが感じられるド迫力の特別映像を独占で入手した!

【写真を見る】空も飛べる!?巨大オオカミがヘリ目がけて大ジャンプ!/[c]2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

遺伝子実験の失敗から巨大化&凶暴化してしまったゴリラ、ワニ、オオカミの3匹の動物から、オオカミのラルフにスポットを当てている今回の映像。ジョー・マンガニエロ演じる傭兵のバークが森の中から脱出するために、慎重に周囲を見回しながら探索すると、何やら背中にトゲの生えたバカデカい生き物が…ラルフだ!

すぐさま手に持っていた銃で攻撃をするバークだが、カブトムシの強靭さをあわせ持つラルフにとっては銃弾など屁も同然。ダメージを与えるどころか、ラルフを怒らせてしまう。襲い来るラルフ!全力で逃げるバーク!しかし走力の差は明らかで、見る見るうちに距離は接近…。

もうダメか…!と思ったその瞬間、味方のヘリコプターが現れバークを援護。するとラルフはターゲットをバークからヘリに変更し、崖からヘリ目掛けて大ジャンプ!ビルをも飛び越えられるという驚異的な跳躍力で軽々とヘリに襲い掛かると、器用にもヘリからパイロットを引きずり出してパクリ。コントロールを失ったヘリは崖に激突し、いとも簡単に撃墜されてしまう。

動画には、バークやヘリのパイロット目線も盛り込まれており、その巨体が迫りくる恐ろしさは一目瞭然!そんなトンデモ映像てんこ盛りの『ランペイジ 巨獣大乱闘』を劇場の大スクリーンで体感し、恐怖に慄いてもらいたい!(Movie Walker・文/トライワークス)