TOKYO MX、WOWOW、BS11、MBSにて放送中のTVアニメ「重神機パンドーラ」。本作の第8話「雨の死角」の場面カットとあらすじが到着したので紹介する。

また、能登麻美子さんの配役が「フィオナ」に決定。この他、ノベライズ第1弾「重神機パンドーラ-Before Pandora-」が5月15日(水)より好評発売中なので、合わせてチェックしよう!



■TVアニメ「重神機パンドーラ」第8話場面カット

<第8話あらすじ>
ネオ翔龍で相次ぐ連続狙撃事件。雑踏の中でターゲットだけを正確に撃ち抜くテクニックや、狙撃ポイントが割り出せない点など、凄腕のスナイパーの仕業であることは明らかだった。単なるテロリストではなく、B.R.A.I の可能性を感じたジェイは、パンドーラに調査を指示。だがダグだけは、どこか乗り気ではない様子で……。



■TVアニメ「重神機パンドーラ」

【放送情報】
TOKYO MX:毎週水曜23:30〜
WOWOW:毎週金曜21:30〜
BS11:毎週金曜23:30〜
MBS:毎週土曜27:38〜
Netflixにて日本先行独占配信/全世界展開決定

【スタッフ】
原作:河森正治、サテライト
総監督:河森正治
監督:佐藤英一
シリーズ構成:根元歳三
キャラクター原案:江端里沙
キャラクターデザイン:安彦英二
重神機デザイン:河森正治
色彩設計:林可奈子
美術監督:伊藤聖
美術設定:青木智由紀、森岡賢一
撮影監督:久保田淳
編集:兼重涼子
CGディレクター:後藤浩幸
CGスーパーバイザー:原田丈
重神機モデリング:小川朗広、渡邉健人、忽帥
モニターグラフィックス:影山慈郎
特殊効果:飯田彩佳
音響監督:濱野高年
音響効果:中島勝大
音響制作:マジックカプセル
音楽:得田真裕、眞鍋昭大
音楽制作:フライングドッグ、ワンミュージック
制作:サテライト

【キャスト】
レオン・ラウ:前野智昭
クイニー・ヨウ:花澤香菜
ダグ・ホーバット:津田健次郎
クロエ・ラウ:東山奈央
グレン・ディン:内田雄馬
ケイン・I・ハサン:石塚運昇
ジェイ・ユン:梅原裕一郎
セシル・スー:茅野愛衣
Mr.ゴールド:檜山修之
ジーク:中村悠一
ワン:近藤孝行
フォー:石川界人
ロン・ウー:石田彰
フィオナ:能登麻美子

瀬戸麻沙美

【主題歌】
オープニング主題歌:BUMP OF CHICKEN「シリウス』(TOY'S FACTORY)
エンディング主題歌:BUMP OF CHICKEN「Spica』(TOY'S FACTORY)
挿入歌:西沢幸奏『Meteor』(フライングドッグ)


<イントロダクション パンドーラ編>
2031年、次世代エネルギーとして開発されていた量子リアクターの暴走事故「翔龍クライシス」により世界は激変した。
突如、地下から広がったその閃光は都市ビル群を呑み込みながら大地を覆い尽くし、
やがて生物、機械、植物を超越・融合した未知なる特異進化生物「B.R.A.I」が出現した。
7年後、翔龍は絶対防衛都市「ネオ翔龍」へと生まれ変わっていた。
驚異的スピードで進化を遂げ人類を滅亡の危機に陥れたB.R.A.Iに対抗する、人類最後の希望の砦である。
運命に導かれネオ翔龍に集う、レオン、クロエ、クイニー、ダグ。
彼らを防衛軍へと迎え入れる、セシル、ケイン、ジェイ、グレン。
そして、人類の存亡をかけて戦う特殊部隊「パンドーラ」が誕生する。
契約の時、希望は彼らに託された――


©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media