イ・ソウォン(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】女性芸能人にセクハラ行為をしたとして書類送検された韓国の俳優、イ・ソウォン(21)が、司会を務めるKBSテレビの音楽番組「ミュージックバンク」を降板したことが、17日明らかになった。

 同番組の制作陣はこの日、「イ・ソウォンに関する事件が報じられてから、事件の事実関係を所属事務所などに確認し、番組降板を決定した」と伝えた。当分の間、もう1人のMCであるソルビンのほかに、さまざまなスペシャルMCを招いて放送するという。

 イ・ソウォンは知人の女性芸能人にセクハラ行為を行い、凶器で脅した容疑で取り調べを受け、警察は起訴相当の意見を付けて書類送検した。

 所属事務所は今回の事件が報じられた後、容疑を認めて誠実に検察の取り調べに応じるとの立場を明らかにした。イ・ソウォンは、出演予定だったケーブルチャンネルtvNのドラマ「アバウトタイム」(原題)も降板している。