細田守監督と上白石萌歌

写真拡大

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などの大ヒットアニメーション映画の監督として知られ、国内外で高評価を受ける細田守の3年ぶりの新作『未来のミライ』。第71回カンヌ国際映画祭開催期間中に実施される「監督週間」に選出されたこの映画の公式上映が現地時間5月16日に行われ、細田監督と映画本編でくんちゃん役の声を演じた上白石萌歌が招待を受け参加した。

『未来のミライ』カンヌ公式上映、その他の写真

今年が開催50年目となる「監督週間」は、フランス監督協会が主催し、カンヌ映画祭から独立した並行部門。作家性を重視し、映画監督が世界に出て行く登竜門として知られており、これまでにソフィア・コッポラ、日本人では大島渚、北野武などが選出されてきた。また、近年「監督週間」に選出された、バンジャマン・レネール監督『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』(12年)、高畑勲監督『かぐや姫の物語』(14年)、クロード・バラス監督『ぼくの名前はズッキーニ』(16年)は、いずれも米国アカデミー賞長編アニメーション部門にもノミネートされている。今回は1609本もの応募作品の中から20本の長編作品が選ばれ、アニメーション映画では『未来のミライ』だけが正式招待された。

細田監督と上白石の2人は、5月16日の公式上映にあわせて現地入り。初のカンヌ訪問となる細田監督は「まだ全然実感がないですが、初上映がカンヌで、カンヌの人たちと一緒に作品を見られることがとても楽しみです」とコメント。国際映画祭初参加となる上白石は「初の映画祭でとても緊張していますが、私自身も初めて見る今作を楽しみたいと思います」と述べていた。

上映会場となったのは、監督週間部門のメイン会場である「シアタークロワゼット」。8時45分から行われた上映は、開場前から長蛇の列ができ、10代からシニア層まで、850人もの観客が来場。満席の大盛況の中、細田監督、上白石が場内に入場すると大きな歓声と拍手が起こった。

上映中、上白石が演じるくんちゃんの4歳ならではの天真爛漫なしぐさや愛くるしい表情に何度も笑いが起き、家族それぞれの思いに感嘆の声が漏れ聞こえた。上映後は観客からの大きな拍手を受け、細田監督と上白石は舞台挨拶に登壇。上白石は「Bonjour!Je suis Moka Kamishiraishi.(こんにちは、上白石萌歌です)」と緊張しながらも流ちょうなフランス語で挨拶した。

4歳の男の子が主人公という、世界の映画史でもあまり例のないチャレンジをした本作について細田監督は「今まで家族をモチーフに作品を作ってきました。今回は4歳の男の子のとても小さなお話ですが、どこにでもある1つの家族を通して、何百年、何千年と続く人生のループみたいなものを描きたいと思って作りました」とコメント。また、アニメーション映画について「アニメーションという表現で作る映画はまだまだやっていないことが多い。(高畑勲監督や宮崎駿監督といった方々が)これまでたくさんの作品を生み出されており、そのバトンを受け継ぐように、様々なことにチャレンジをし、表現していかなければいけないと思います」と語った。

舞台挨拶終了後も会場の外には多くのファンが詰めかけ、2人は大きな声援に包まれながらサインや写真に応じた。映画を見た観客は「傑作!細田監督の全作品を見ているが、今までの作品にある色々な要素が取り入れられていて、集大成の作品だ!」(20代フランス人男性)、「この映画は家族の良い面と悪い面の両方を描いていて、すごくリアルに感じた。自分の家族のことを思い出した」(20代フランス人女性)、「感動した。少年時代に帰った気分になった」(20代フランス人男性)などと、絶賛の声を寄せている。

『未来のミライ』は7月20日より全国公開となる。