プリングルスvsチップスター、どっちが好き? 成形ポテチ対決の明暗は

写真拡大

 庶民が愛するスナック菓子の筆頭といえばポテトチップス。業界トップはマーケットシェア7割を10年近く維持しているカルビー。だが、生じゃがいもでなく、乾燥した輸入じゃがいもを加工した成形ポテトチップ業界では、長らくプリングルス(日本ケロッグ)とチップスター(ヤマザキビスケット)の2強状態が続いている。

「開けたら最後、You can stop」のフレーズでおなじみのプリングルスを、「うん、止まらない止まらない」とブツブツ言いながら食べる向きも多いだろう。やみつきになる特徴的なフレーバーのプリングルスに対して、昔ながら……というか、遠足や野球観戦、新幹線の移動中に食べる定番商品のイメージが強いチップスター。どっちが好みかは別れそうなところだが、まずは、両者の基本情報は見ていこう。

・プリングルス(日本ケロッグ) 希望小売価格:284円(税別) 内容量:134g 100gあたり:約211.9円
・チップスター(ヤマザキビスケット) 希望小売価格:230円(税別) 内容量:115g 100gあたり:約200円

 コスパでいえば、チップスターのほうが勝るが人気ではどちらか。日刊SPA!は20〜50歳の全国男性100人を対象に「プリングルスとチップスター、あなたが好きなポテトチップスはどっち?」というアンケートを実施(公平を期すため、両者うすしお味で調査。売上シェアとは別物です)。その結果は以下のとおりだ。

Q.プリングルスとチップスター、あなたが好きなポテトチップスはどっち?

プリングルス 15人
どちらかといえばプリングルス 15人
どちらかといえばチップスター 35人
チップスター 35人

=======

 プリングルス30票に対して、チップスター70票。意外と差が開いたが、結果はチップスターに軍配。まずはその理由を見ていこう。

「チップスターのほうが味がさっぱりしていて食べやすいうえに、歯触りが軽くて美味しい」(43歳・神奈川県)
「クリーミーな味わいがたまらない」(42歳・茨城県)
「昔から食べ慣れている。しっかりとした塩味が効いている」(37歳・愛知県)
「なじみのある味。大人のオヤツにはちょうどいいサイズ」(38歳・兵庫県)

 全体的にさっぱり感などヘルシー志向のコメントが目立ったが、100グラムあたりのカロリーはチップスターが528kcalに対して、プリングルスは531kcalと、それほど差があるわけでもない。

 さて、一方のプリングルス派の主張は以下のとおり。

「ポテチが薄くパリパリとしていて美味しい」(43歳・埼玉県)
「味が濃厚だから」(40歳・神奈川県)
「素材感が残っている気がする」(38歳・静岡県)
「他の袋入りポテトチップスと比較しても、プリングルスは独自の味感が強い」(50歳・福岡県)

 今回の調査はうすあじに限定したため、「サワークリーム&オニオンだったらプリングルス」(27歳・宮城県)「いろんな味が選べるのがプリングルスの楽しさ」(38歳・奈良県)という意見があったことも付け加えておきたい。また、上記の意見は好みの味についてだが、両者の包装の違いに言及する声も見られた。

「チップスターは筒の底まで紙なので燃えるゴミにそのままポイできる」(47歳・東京都)
「プリングルスはゴミの分別が面倒」(47歳・愛知県)
「チップスターは袋で密閉されているので、割れにくい。プリングルスは割れてることがたまにある」(44歳・北海道)

 燃えないゴミに出す際、内部の油分を洗うのは半ば常識とされている。そうしたひと手間が、意外な明暗を分けたのかもしれない。ちなみに、今回の調査対象からは外したが、ポテトチップス業界の雄・カルビーは、一昨年から「ポテトチップスクリスプ」という商品で成形ポテチ市場に参入してきている。「クリスプも選択肢に入れてほしかった」という声がいくつかあったことも言い添えておきたい。

【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(20〜50歳男性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。調査期間:2018年4月18日 有効回答者数:20歳から49歳 全国の男性100名

<取材・文/日刊SPA!取材班>