森下典子によるエッセイを黒木華主演で映画化した『日日是好日』の公開日が10月13日(土)に決定。特報と第一弾ポスターが解禁となった。

原作は著者・森下典子が街の茶道教室に通い続けた約25年に渡る日々を綴ったエッセイ『日日是好日 -「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』。大学生の典子が、就職につまずき、失恋や大切な人の死という悲しみの中で、「お茶」を通して季節を五感で味わう歓びから「いま、生きている!」と実感していくさまを描く。

主演は『小さいおうち』『母と暮せば』で2年連続日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した黒木華。共演に樹木希林、多部未華子が名を連ねる。監督・脚本を『まほろ駅前狂騒曲』『セトウツミ』などで知られる大森立嗣が務める。

特報映像は、茶道の稽古シーンからスタート。コメディエンヌとしてのセンスも光る、黒木、多部の細やかな演技は初心者の「茶道あるある」をユーモラスに表現している。お茶の先生役である樹木も、時間をかけてお茶を習得していく黒木も茶道は未経験。多部も幼少期に多少の経験があるのみ。撮影前に集中して茶道の指導を受けた。短い時間ではあったが指導者も驚くほどの集中力で茶道を習得したという。

映画『日日是好日』は10月13日(土)より全国公開

©2018「日日是好日」製作委員会

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド