来る、来る、来る……! (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY,
AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

写真拡大

 人気アクション俳優ジェイソン・ステイサム主演のパニック超大作「ザ・メグ(原題)」が、「MEG ザ・モンスター」の邦題で9月に公開されることが決定。あわせて、巨大ザメを収めた特報映像と、ダイバーを追いかけるサメと、そのサメをも飲み込んでしまいそうな超巨大ザメ“メガロドン”の口を切り取ったティザービジュアルがお披露目された。

 原作は、作家スティーブ・オルテンのパニックスリラー小説「メガロドン」。マリワナ海溝を超える深海が発見され、沖合に海洋研究所を構えた探査チームが調査に乗り出す。生物がほとんど存在しない海域を超えると、そこには未知の生物が暮らす世界が広がっていた。世紀の発見に心を躍らす探査チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロであるジョナス・テイラーが救助に向かうが、そこにいたのは200万年前に絶滅したと思われていた全長23メートル、体重20トンの超巨大ザメ“メガロドン”だった。

 テイラーをステイサムが演じ、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、マシ・オカらと共演する。「ナショナル・トレジャー」シリーズや、「魔法使いの弟子」のジョン・タートルトーブ監督がメガホンをとった。

 公開された特報映像では、静かな海洋研究所でおもちゃを追いかける女の子にひっそりと近づき、牙をむくメガロドンの様子が描かれている。さらに、メガロドンが船に向かって急浮上する姿も収められ、未知の巨大海洋生物への恐怖心がかき立てられる仕上がりとなっている。

 「MEG ザ・モンスター」は、9月7日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。