婚約を発表した猪瀬直樹氏(左)と蜷川有紀

写真拡大

 元東京都知事で作家猪瀬直樹氏(71)と、女優で画家の蜷川有紀(57)が16日、共著刊行と婚約発表を兼ねたパーティーを都内で行った。

 ツーショットで取材に応じ、猪瀬氏は「婚約しました。あとはひそかに婚姻届を出します」と照れくさそうに報告。2年前に知人を介して知り合い、すぐに交際を始めた蜷川の魅力を「気づき方が柔らかくて鋭い」と明かした。

 「おゆき坊」「直樹先生」と呼び合っているといい「朝起きると、彼女が松任谷由実の『春よ、来い』を歌いながらカーテンを開けて日差しを入れる。これが恋する日常かなと思う」と目尻を下げた。13年に亡くした妻のゆり子さんと蜷川は誕生日も血液型も同じで「運命って分からない」と感慨深げに話した。

 蜷川は、演出家の故蜷川幸雄さんのめい。イタリアブランドの婚約指輪を着け「インテリジェンスがあって頼りがいがある。デートでも何でもリードして決めてくれて98%間違ってない」と、猪瀬氏に頼りきっている様子だった。