英国のメディアサービス企業、ゼニスメディアによると、全世界のインターネット広告費は、昨年(2017年)、初めてテレビの広告費を上回った。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

20年続いたトップの座、ネットに明け渡す

 テレビは、1996年に新聞広告を抜いたあと、一昨年まで最大の広告媒体であり続けた。だが、ついにインターネット広告が、これに取って代わった。

 昨年の全広告費に占めるテレビ広告費の割合は、34.1%だった。これに対し、新聞広告(9.5%)、屋外広告(6.7%)、ラジオ広告(6.2%)、雑誌広告(5.2%)、シネマ広告(0.7%)は、いずれも1桁台。

 こうした中、インターネット広告費は37.6%に拡大。ネット広告は今後も伸び続け、2020年には44.6%を占めるまでになる。一方、テレビ広告は、31.2%へと低下すると、ゼニスメディアは見ている。

モバイル広告が市場を牽引

 ネット広告を種類別に見ると、最も金額が多いのはディスプレー広告。これには従来のバナー広告のほか、動画広告、ソーシャルメディア広告が含まれる。その昨年1年間の金額は、986億ドル。これに検索広告が864億ドルで次いでいる。

 また、ネット広告費を、利用端末の種類別で見ると、パソコンの全広告費に占める割合が17.8%だったのに対し、モバイル(スマートフォンやタブレット)は、それを上回る19.8%だった。

 ゼニスメディアによると、モバイル広告は、急成長している広告媒体。その昨年1年間の広告費は、1070億ドルで、ネット広告の52.6%を占めた。これが、2020年には、1800億ドルとなり、ネット広告の65.6%、全広告費の29.3%を占めるようになると予測している。

 2017年と2020年の金額差を、ドイツのスタティスタがインフォグラフィックスでまとめているが、これを見ると、モバイル広告とその他の媒体との違いがよく分かる。

グーグルとFBで世界全広告売上高の25%超占める

 一方、英国の市場調査会社WARCによると、世界のネット広告市場で、広告収入が最も多い企業は、米グーグルで、それに次ぐのが米フェイスブック。

 その昨年の世界ネット広告市場に占める、広告収入シェアの推計値は、グーグルが44%。フェイスブックが18%。両社を合わせたシェアは61%となる。

 またWARCが推計していた昨年1年間の、グーグルとフェイスブックのネット広告収入合計額は、1330億ドル。この金額は、世界全広告売上高の25%を占めるという(ドイツのスタティスタのインフォグラフィックス)。

 ただ、実際、この2社の売上高は、それを上回っている。グーグルが先ごろ米証券取引委員会に提出した書類を見ると、昨年1年間の同社の広告収入は、953億7500万ドル。

 フェイスブックの同様の資料を見ると、こちらは、399億4200万ドルだ。つまり、2社の合計は1353億1700万ドルで、WARCが予測していた金額を23億ドル以上、上回っている。

筆者:小久保 重信