夏デザートと10種類のチョコレートドリンクが新登場。東京・丸の内「メリーズ カフェ」がリニューアル

写真拡大 (全5枚)

◆夏デザートと10種類のチョコレートドリンクが新登場。東京・丸の内「メリーズ カフェ」がリニューアル

店内にショコラティエが常駐する、東京・丸の内の「メリーズ カフェ」が、メニューとロゴをリニューアル。2018年6月1日(金)からは、新作チョコレートドリンクが登場する。ひんやりアイスに、濃厚でなめらかなホット、オレンジピールや抹茶と組み合わせたフレーバーなど全10種類のチョコレートドリンクがラインナップ。ひと手間かけて見た目もおいしさもバージョンアップした、夏のチョコレートデザートの新作も楽しみ。


左/「チョコレートムース」(アイス・520円) 右/「宇治抹茶」(アイス・680円)
濃厚でなめらかなチョコレートドリンクは10アイテムが新登場!
今回は「チョコレートドリンク」が一新し、10アイテムが新たに登場する。ガナッシュとミルクを合わせた濃厚でなめらかなチョコレートドリンクは4種類。メリーオリジナルのチョコレートを使った「チョコレートドリンク」(480円)と優しい味わいの「ホワイトチョコレートドリンク」(480円)。アイスは「チョコレートムース」(520円)と、ホワイトチョコレートドリンクにラズベリームースを絞った「ラズベリームース」(520円)。

さらに、相性のよい素材を組み合わせた「プレミアムチョコレートドリンク」も4つのフレーバーがラインナップ。ドリンクにアーモンドリキュールを入れクラッシュアーモンドを散らした「アーモンド」(ホット580円、アイス680円)や、エスプレッソを合わせてキャラメルソースをトッピングした「キャラメルモカ」(ホット580円、アイス680円)は、ドリンクの味わいに奥行きをプラス。このほか、ダークチョコレートと相性のよいオレンジピールを入れた「オレンジピール」(ホット580円)や、ホワイトチョコレートに香り高い抹茶を合わせた「宇治抹茶」(アイス680円)など、個性豊かなドリンクが揃う。


「チョコレートクリームとミルフィーユ」1200円
チョコレート感を楽しめる新スイーツ
また、「チョコレートクリームとミルフィーユ」(1200円)は、歯ざわりのよいサクサクとした軽い食感のミルフィーユと、芳醇なカカオが香るチョコレートクリームのハーモニーを楽しめる。

イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーと3種類のベリーが添えられ、フルーティーな甘酸っぱさがアクセントに。添えられた花はソルベで出来ていて、イチゴとヨーグルト、マンゴーとヨーグルトの組み合わせで、葉っぱの部分は青リンゴの味だそう。1皿で、さまざまな食感と味わいを楽しめるのが嬉しい。


「マンゴーソースとホワイトチョコレートムース」980円
「マンゴーソースとホワイトチョコレートムース」(980円)は、なめらかなホワイトチョコレートのムースにキウイフルーツとマンゴーをのせた南国風のイメージ。トロピカルなグラスの中には、南洋の海に眠る大粒のパールが!

スイーツやドリンクでチョコレートの楽しみ方を発信する「メリーズ カフェ」。新作のアイテムを味わって楽しむのはもちろんだけど、常駐しているショコラティエール(女性のチョコレート職人)に好みのショコラをオーダーしたり、その様子を間近で見られるのもこの店ならではの楽しみ方。夏に向かって爽やかにトロピカルに、チョコレートの香りに包まれて。