チャールズ・ディケンズの半自伝的小説を映画化 Photo by Theo Wargo/Getty Images、
写真:Shutterstock/アフロ

写真拡大

 文豪チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化する新作に、ティルダ・スウィントン、ヒュー・ローリー、ベン・ウィショーが出演することがわかった。米ハリウッド・レポーターなどが報じた。

 本作は、「LION ライオン 25年目のただいま」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたデブ・パテルが主演。1850年に出版された原作は、不遇な幼少時代を過ごしていた主人公デイヴィッド・コパフィールドが、自らの文才に目覚め、さまざまな人たちと出会いながら、作家として大成していく様子が綴られている。映画は舞台を現代に置き換え、デイヴィッド役をパテルが演じる。

 ドラマ「Veep/ヴィープ」のクリエイターで、2009年の映画「イン・ザ・ループ」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたアーマンド・イヌアッチが監督を務める。脚本は、イヌアッチと「Veep」のサイモン・ブラックウェルが共同執筆する。

 新作「The Personal History of David Copperfield(原題)」は、イギリスで6月にクランクイン。