自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長=4月29日、千葉市美浜区の幕張メッセ(吉沢良太撮影)

写真拡大

 自民党小泉進次郎筆頭副幹事長は16日、諸外国に比べ首相の国会出席が極めて多い現状を念頭に「こんな議会を続けているのは地球上で日本だけではないか」と指摘した。

 国会内で記者団に語った。

 小泉氏は主要野党が欠席して政府関係者らが着席する「空回し」状態となった大型連休前後の衆院厚生労働委員会に触れ、「委員会がどんな現実に置かれているか国民に知ってもらえれば、国会改革の必要性も理解される」とも述べた。