山下敬吾九段

写真拡大

 囲碁の第73期本因坊戦七番勝負の第1局が15、16の両日、山口県萩市で行われ、7期ぶりの本因坊奪還を目指す挑戦者の山下敬吾九段(39)が256手までで、井山裕太本因坊(28)=七冠=に黒番半目勝ちした。

 昨秋の名人戦第2局から始まった井山本因坊のタイトル戦連勝は「17」で途切れた。