エヴァートンの指揮官を解任されたアラダイス

写真拡大

エヴァートンは公式声明を通して監督サム・アラダイスの解任を発表した。
同公式声明では解任か、辞任かどうかについては明記されていないが、監督の反応からクラブの決断だった事が分かる。

「私はクラブがこれら全ての変化を私や私のチームに伝えるという節度をわきまえていない事に驚きと苛立ちと共に失望している。」
解任直後、アラダイスはそのようにコメントした。

アラダイスはロナルド・クーマンの惨憺たる時代の後、プレミア残留というミッションのもと招へいされた。
そのミッションを達成した上にチームを8位に落ち着かせたにも関わらず、クラブは彼に来シーズンの指揮を任せない決断を下した。
実際、そのあまり華やかではないサッカーに基づく彼のスタイルは全てのサポーター達を満足させていた訳ではなかった。

エヴァートンの新監督の有力候補はハルやワトフォードで成功を収めた経験を持つマルコ・ダ・シルバである。
いずれにしても、クラブはその前に新スポーツ・ディレクターを任命する必要があるだろう。