コーヒースタンドだけじゃない!
さくっとご飯も、贅沢フレンチも叶う!【池尻大橋】のおすすめ絶品グルメ3選

渋谷から田園都市線で一駅、中目黒や三軒茶屋などのおしゃれタウンからもほど近い池尻大橋は、コーヒースタンドが集まる町として、今訪れる若者が急増中!そんな池尻大橋、実はコーヒー以外にも美味しい魅力が詰まっているんです!和から、中華、エスニックまで!存分に楽しめる絶品店をご紹介します。

1.まんべんなく爽やかさを堪能できる〈東京 土山人〉の「すだちそば」

麺が見えないほど、すだちに覆われた衝撃的なビジュアルのお蕎麦。上品な鰹ダシとふわりと爽やかな香りが広がるすだちの酸味が楽しめる「温かいすだちそば」1,400円。香りもよし。

農家から直接取り寄せる蕎麦の実から蕎麦に仕上げるまでの全工程を手作業で行っており、毎日打ちたての蕎麦が堪能できる。温かい蕎麦は全て太切り。

(Hanako1146号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Miki Konno)

2.栄養モリモリ変わり餃子〈池尻餃子.〉

無添加であること、体にいいものであることを前提とした餃子の数々。とした餡の秘密は、店主の瀬川貴理さんさえ知らない技。玄米酵母液も練り込み、小粒ながら滋養と愛情たっぷり。

全5 種の焼き餃子を味わえる「はじまりの膳」800円。右から、あおば餃子、大葉餃子、鶏パチー餃子、旬の十五野菜餃子無添加海老の姿餃子。気に入た味は単品でも注文して。

謎の主婦・マダムローズによる“お母さんの味”。彼女の家での勝負飯だった餃子が、ここ池尻とインドネシアに店を出すほどのプロの品になった。

定番「あおば餃子」のトロリ全てマダムローズ手作りのタレセット。右から、柚子胡椒、池尻サンバル、ご馳走ラー油。

靴を脱いで上がると、ホッとする我が家のような居心地の良さ。掘りごたつの個室あり。持ち帰りも◎。

(Hanako1123号掲載/photo:Keiko Nakajima text:Kahoko Nishimura edit:Chiyo Sagae)

3.料理、ワイン、空間が調和して、おいしい音色を奏でるフレンチ〈calme〉

オマール海老のうま味が舌の上でとろける「コンソメゼリー」や、イカの墨やエンペラなどのエキスが凝縮した「イカ墨のソース」など、ふくらみのあるソースのおいしさが際立つ。

6品4,900円のコースから。「柔らかな白イカ サフラン香るイカ墨のリゾーニ 秋風の見たもの」(手前)、「美味 豆乳ブランマンジェオマールのコンソメゼリーずわい蟹と雲丹」。グラスワインは約40種、グラス700円〜

カウンター席が中心。料理は、「おいしいとシンプルに思えるものを」とシェフ。これまで培ってきたクラシカルな技法を踏襲しつつ、崩して軽やかに仕上げている。

オーナーの佐野敏高さん。好みの1 杯を丁寧に選んでくれる。「難しいことは抜きでリラックスしてもらえれば」。普段着で過ごせる居心地のいい店。