<幼少時に親に連れられてアメリカに到着した不法移民の救済制度をトランプが撤廃したため、アメリカで成功するために努力してきた移民の若者が窮地に陥っている>

私はアメリカで生まれた。姉もそうだと、ずっと思っていた。

ある日の午後、姉のヤッツリは台所で泣いていた。大学に進学できないというのだ。「私には滞在資格がないの」

当時12歳だった私は、そのとき理解した。姉は2歳からアメリカで暮らしているのに、アメリカで生まれた私のような特権は持ち合わせていないことを。

私はいつも姉に嫉妬していた。常に成績がよかったし、たくさんの友人がいた。生まれながらにアメリカの市民権をもつ私のことを、姉がどれほど嫉妬していたか、この日まで気付かなかった。

バラク・オバマ大統領は2012年、若い移民に対する国外強制退去の延期措置(DACA=ダカ)を発表した。それは幼少時にアメリカに入国した不法移民に進学と就労の機会を与えるプログラムで、ヤッツリの人生を完全に変えた。

DACAのおかげで大学は卒業できたが

姉は車の運転を習い、旅をした。大学にも入り、苦学の末に昨年、卒業した。市民権がないので公的な奨学金をもらう資格はなかったが、2つの仕事をこなして学費を稼ぎながら、学業に打ち込んだ。アメリカで成功するために姉がいかに努力をしたか、私はこの目で見てきた。

DACAのおかげで姉は恐怖を感じなかった。そして私も、姉が強制送還される恐れはないと思っていた。ただ、この救済措置が絶対確実ではないことはわかっていた。恒久的な保護を提供する制度ではなかったからだ。

7カ月前、私たちの懸念が現実になった。ドナルド・トランプ大統領がDACAの打ち切りを発表したのだ。乱暴なやり方で、トランプは私の姉だけでなく約80万人の移民の若者を強制送還の危険にさらしている。

20年以上も故郷と思って暮らした場所が、ある日突然姉から奪われるなんて、私には受け入れられない。

姉が私の大学の卒業式に出席できないかもしれないなんて、想像もつかない。

DACAを打ち切るというトランプの行為は、残酷で非人間的だ。

それと同じくらい非道だったのは、「ドリーマー」(子供のときにアメリカにきた人々)が市民権を獲得する道を作ろうとした超党派の交渉をトランプがつぶそうとしたことだ。

アレクシス・トバル