BMW、新型「8シリーズ クーペ 」を6月のル・マン24時間レース決勝前日に公開すると発表! その姿をチラ見せ
BMWは、新型「8シリーズ クーペ」をル・マン24時間レース決勝前日の6月15日に初公開すると発表した。これはBMWが2011年以来、7年振りにル・マンに参戦するからだろう。参戦車両は公道仕様車に先駆けて登場したレース・カーの「M8 GTE」。その画像の奥に待望の公道仕様車、つまり新型8シリーズ クーペ の姿が影になって写っている。となれば何をするべきか、もうお分かりだろう。画像を拡大して明度を上げるのだ!


拡大してみると、このクルマは最近、カモフラージュ姿のプロトタイプがBMWから公開された新型「M850i xDrive クーペ 」だと思われる。フロントバンパーに開けられたグリルが一致するし、Y字型スポークのホイールも非常によく似ている。もしそうであれば、ボンネット下には最高出力530ps、最大トルク750Nmを発生する、おそらくツインターボ付きのV8エンジンが搭載されているはずだ。このエンジンには8速オートマチック「ステップトロニック・スポーツ」トランスミッションと、基本的に後輪により多くの駆動力を配分する全輪駆動システムが組み合わせられる。

BMWは、このM850iよりもう少し控えめな8シリーズも用意していると思われる。また、BMW Mが本格的に作り上げたさらに高性能な「M8」も登場するはずだ。おそらく、通常の8シリーズが先に発表され、M8のデビューは今年後半までとっておくのではないだろうか。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー