<中京テレビ・ブリヂストンレディス 事前情報◇16日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,441ヤード・パー72)>
大事な3連戦の最終週。ブリヂストンスポーツ契約の三ヶ島かなは、ホステスプロとして「中京テレビ・ブリヂストンレディス」に挑むことになるが、ここ3週間はアドレナリンが出続けている?
【LIVE写真】中京テレビ・ブリヂストンレディスから厳選フォトを配信中!
「メジャー(サロンパスカップ)、地元・福岡(ほけんの窓口レディース)、ホステス大会(中京テレビ・ブリヂストンレディス)、と気負う流れが続いているんです。だから、ずっとアドレナリンが出続けていますよ」と笑った三ヶ島。「サロンパスカップ」は32位タイ、「ほけんの窓口レディース」は18位タイと上位争いはできなかったものの、2試合連続予選通過で、ホステス大会に入ってきた。
2017年はTPD単年登録者(※現在の呼称はTP単年登録者)として自身初の賞金シードを獲得。18年はシード選手としてシーズンインも、開幕戦をインフルエンザで欠場。4月上旬にもアクシデント発生。「スタジオアリス女子オープン」の練習期間に左親指から手首にかけて痛みが走り、同大会を欠場。以後3試合ツアーから離れてリハビリとトレーニングの日々が続いた。
先週も「毎日、手首に超音波を当てていました」という状態ながら、「空回りしなければ、絶対に今大会で予選通過できる自信はあります。ホステスプロとして頑張ろう!という気持ちで、緊張感はもちろんありますよ。でも少しでも大会を盛り上げることができれば」と自信を口にする。
「今季はかなりカッコ悪いスタートですよね(笑)。でも、開幕でずっこけても、ケガしても、“とにかく1勝”という目標は変わりません。今年はシードを獲得できれば(保有していない)LPGA会員資格を得られる。でもそれは最低限で、優勝して得るほうが"カッコイイ"と思う」。
思い描いたシーズンインではなかったが、序盤に格好がつかなかったことで、逆に輝く場面が訪れれば、より強調される。「自分が好きでやっている仕事。楽しくやるのが一番。今週は楽しむ。顔にはでないかもしれませんが、気持ちは楽しんでいると思ってくださいね(笑)」。明るさが調子のバロメータ。だから今週は大丈夫?

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【フォト集】三ヶ島かなのあんな写真やこんな写真が満載
【写真】仲よしの川崎志穂と「あ〜ん」
「悪いことばかりじゃなかった」三ヶ島かな、災い転じて“美”となす?
三ヶ島かながスターフライヤーとサポート契約!「一度着てみたかった」CA姿も披露!
ハマの番長・元ベイスターズ三浦大輔と三ヶ島かなスペシャル対談