機内で事件勃発(写真:アフロ)

写真拡大

 信じがたい事件が起こるのが中国、現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 飛行機の出発時間に間に合わなくて、「爆弾が仕掛けられた」とニセの通報して騒ぎなった事件は記憶に新しいが、その中国で今度は飛行機の扉を勝手に開けるという珍事件が起きたという。

 4月29日『観察者ネット』が伝えた記事のタイトルは、〈ギャグ漫画が実演された 暑さを嫌って飛行機の緊急ドアを開けてしまった男 15日間の勾留)〉である。タイトルを読む限り、乗り合わせた客はみな恐怖体験をしたのではないだろうか。

 記事は四川省綿陽空港の情報を伝えているのだが、それによれば事件は海南島の三亜から四川を結ぶ8L9720便の機内で起きたという。北京のメディア関係者が語る。

「不幸中の幸いというべきか、当該の便はすでに綿陽空港に降りていたということでしょう。陳と名乗るその男は、飛行機の中で客室乗務員に向かい『機内が暑くて仕方ない、すぐに窓を開けてくれ』としつこく呼びかけていたといいます。駐機場に着いていたとはいえ客室乗務員も暇ではありませんから、その言葉を無視していたら、突然、男が自分で緊急用のドアを開けてしまったというのです。扉が開いたことで脱出用の梯子が滑り落ちて壊れてしまったといいます」

 当然のことだが、男はそのまま空港内の公安分局に勾留され15日間を過ごすことになるのだが、収まらないのが航空会社である。現在どのような賠償を求めるのか検討中だという。

 いずれにしても数十万元(数百万円)の規模になるだろうとの専門家のコメントも紹介しているが、決して大げさな話ではないだろう。