iPhone5c

米メディア9to5Macは、アナリストの分析として、2018年秋に発売されるLCDバージョンのiPhoneは本体カラーがブルー・イエロー・ピンクになると報じている。

2018年の秋に発売される最新バージョンのiPhoneは、有機ELディスプレー(OLED)を搭載したハイスペックバージョン(iPhoneXの後継機)と、液晶ディスプレイ(LCD)を搭載した廉価版iPhone 8Sが登場すると見られている。

その廉価版について、ハイエンドモデルとの差別化を図るために、カラフルなボディにするという計画があるようだ。

かつてAppleはiPhone 5の廉価版としてiPhone5cをリリース。ポリカーボネート(プラスチック)でカラフルなブルー、グリーン、ピンク、イエロー、ホワイトのボディは、可愛らしさで大いに目立つ存在だった。


5cのフルカラーラインナップ

しかし、価格は中途半端な安さで廉価版とは言い切れず、機能は前モデルのiPhone5と同等という、多くのユーザーにとって買うべき理由が見当たらない機種だった。そのため、売上は不振で、iPhone5cは失敗作とされている。

前回の失敗を踏まえ、廉価版iPhone 8Sの価格がハイエンドと比べて大幅に安く、機能も充実しているなら、カラフルでデザイン性の高いiPhoneという需要は確実にあると見られる。

9to5Mac
URL:https://9to5mac.com/2018/05/14/2018-iphone-colors/
2018/05/16