反則タックルを指示した?日大アメフト監督は永久追放の可能性も

ざっくり言うと

  • 波紋を広げている日大アメフトのラフプレーについて、ゲンダイが報じた
  • ライターによると、日大のタックルは度が過ぎており、殺傷行為だという
  • 指揮官の命令であれば、監督の謹慎や永久追放などの可能性があるそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング