関連:日の丸自衛隊「知られざる真実」


 文書改ざんにセクハラ問題。相次ぐスキャンダルで虫の息の死に体政権。後釜を狙う候補たちの素顔を暴く!

「9月に予定通り総裁選が行われると思っているのは、安倍晋三総理(63)だけですよ」(永田町事情通) もはや、マスコミ各社の世論調査でも「安倍首相が信頼できない」という声が圧倒的。支持率も2割台へ落ち込み、これを受けて永田町では“安倍降ろし”が始まっている。「総裁選を待たずに安倍内閣が退陣した場合、両院議員総会で議員票によって後任総裁を決定するか、総裁選を前倒して行うかのどちらかになるでしょう。来年の統一地方選と参院選は安倍さんでは勝てないという観測が広まっていますので、総裁の交代はやむなしかと思います」(自民党関係者)

 そうなると気になるのが「ポスト安倍」の面々だ。来年、主要20か国・地域首脳会議の議長国となる日本だけに、次の総裁は“世界の顔”。自民党内で、いわゆる「身体検査」が始まる前に、安倍首相の首を狙う“7人の侍”を徹底調査してみよう。

■石破茂元防衛大臣が本命

 1人目はもちろん、この人。本命といわれる石破茂元防衛相(61)だ。「政治は正直で、誠実で、親切で、丁寧でなければいけない」と、安倍首相を暗に批判する政治家の理想像を示し、我こそがポスト安倍の最右翼、と自認している。近く『石破茂の頭の中』(ブックマン刊)を出版する政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が、こう語る。「安倍総理と憲法改正や安全保障で共通しているように思われているかもしれませんが、似て非なるもの。特に経済政策では、経済成長にこだわる安倍総理と地方創生に真剣に取り組むという石破氏とでは、真っ向から対立しています」

 父親は鳥取県知事や自治大臣を経験した二世議員。三井銀行の行員から衆院議員へ転身し、当選回数は、“7人の侍”の中で最も多い11回だが、45歳で小泉純一郎内閣で初入閣するまでは、無名の存在だった。当時、あるテレビ局の記者が議員宿舎へ取材に行ったところ、至るところに戦車や戦闘機のプラモデルが飾ってあり、以来、“オタク・キャラ”として一躍、脚光を浴びることに。そんな軍事オタクが大臣になったから、さあ大変。「防衛大臣に就任した際、大臣があまりに専門的すぎる話をするので、省内から批判があったようです」と言うのは、政治評論家の角谷浩一氏。知りすぎていると、かえって官僚には嫌われるようだ。

 ただし、防衛大臣時代に「美人秘書を特別に大臣秘書官室へ出入りさせ、防衛情報漏洩の恐れがある」と叩かれたことがあったものの、スキャンダルらしきものは見当たらない。「金にはキレイな人。たとえば、記者たちと食事しても必ず割り勘で支払っています」(前出の鈴木氏)

■元銀行マンの岸田文雄政調会長

 次に、安倍首相からの禅譲を狙う岸田文雄政調会長(60)は、祖父の時代から続く三世議員。石破氏と同じく元銀行マンで、当選回数は9回。元経産省官僚の古賀茂明氏は、こう語る。「岸田さんはもともと商工族。私が経産省の官僚だった時代からよく見てきました。敵は少なく、官僚からも好まれています。外交安保問題では自民党の中でもリベラルに近く、経済政策も、もともと商工族だから、日本経済を立て直すには石破さんよりいいでしょう。最大の課題はリーダーシップを発揮できるかどうか。たとえば、アメリカのトランプ大統領と会談し、はっきりとモノが言えるかどうかというと疑わしいですね」

 高校野球の下馬評にたとえると、走攻守のバランスはいいものの、これといった特徴がなく、「優勝してもファンの記憶に残らないタイプ」(夕刊紙記者)だと評される。

■河野太郎外務大臣はパフォーマンス男

 ダークホースといわれる河野太郎外務相(55)もまた、副総理の祖父と衆院議長の父を持つ三世議員(当選回数は8回)だ。父・洋平氏は官房長官時代に従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野談話」を発表した張本人。そのため、当時から批判もあった。ある投稿者がツイッターで洋平氏の談話を太郎氏のものと取り違えて批判したところ、「河野談話は私の談話ではないっちゅうに(中略)証拠もなく証言のみによって我々を犯罪者扱いしたあなたの罪は七代では足りないほど」と猛反論した。「太郎氏の怒りもごもっとも」(地元の支持者)という反面、その過剰な反応から、“異端児”“変人”ともいわれている。

 前出の古賀氏は、次のように分析する。「霞が関では、官僚が困ることを容赦なくやってしまう人が官僚に嫌われますが、彼にも、そういうところがあります。また、脱原発と言っていたのに、入閣すると一転し、ブログから、そのことを削除しているあたり、マスコミからは“パフォーマンス男”とみられています。安倍さんと脱原発で対立し、内閣から飛び出してしまうくらいの覚悟を見せないと(首相になるのは)難しいでしょう」

■野田聖子総務大臣の年下夫に良からぬ噂

 ちなみに、河野氏は石破、岸田両氏とともに「ポスト安倍」を狙う“岸破太郎”と呼ばれている。この3人に紅一点、野田聖子総務相(57)を加えれば、“岸破聖太郎”となる。岐阜県議会議員に史上最年少で当選した叩き上げ。郵政民営化に反対し、自民党から公認されず、落選の憂き目を味わうも、当選9回というツワモノだ。「ポスト安倍の中では、女性ながら最も“侍”に近いかもしれないね。歌舞伎でいうと、木曽義仲(源頼朝の従弟)の愛妾・巴御前だね。義仲の敵となった源範頼の家臣や手下らをバッタバッタと倒す女丈夫だよ」(自民党中堅議員の秘書)

 話題性もある。参院議員の鶴保庸介元沖縄担当相とは入籍せずに事実婚。その後、鶴保氏と別れ、“年下の男性”と正式に結婚するも、不妊に悩み、体外受精で出産。障がいを抱えた長男の育児にも奮闘している。そうした女性ならではの経歴から「小池百合子東京都知事が大コケした今、日本初の女性総理の最有力候補はこの人」(全国紙政治部記者)と言われる。しかし、彼女にとって最大の障害が、その“年下の夫”だという。「森友学園問題で首相夫人の安倍昭恵さんを国会へ招致するかどうかという今、配偶者に注目が集まっています。野田氏が総理になれば、その夫は“ファースト・ハズバンド”。その夫には良からぬ噂があるのみならず、野田氏が自民党総務会長だった当時、夫は、デート商法で業務停止命令を受けた知人を野田氏に紹介し、野田氏がその人物を自民党の公認候補とするよう選対(選挙対策本部)に求めたこともありました。もちろん夫の知人は、選対の身体検査に引っかかり、公認されることはありませんでしたが」(前同)

■小泉進次郎筆頭副幹事長は台風の目

“岸破聖太郎”以外では、まず、この人の名が挙がる。読売新聞が9月の総裁選に絡めて「次の総裁(首相)には誰がふさわしいか」と、世論調査で国民に回答を求めたところ、堂々の1位に輝いたのが小泉進次郎筆頭副幹事長(37)だ。曾祖父は衆院副議長、祖父は防衛庁長官、そして父の純一郎氏は首相。当選4回ながら、“血統書つき”のプリンスだ。辛口コメントで鳴る古賀氏も、「ポテンシャルは高いですね。まず、国民へ語りかけられる人。これはリーダーに求められる資質の一つ。しかも彼は耳触りのいい話ばかりではなく、しっかりと痛みを伴う話もできる。官僚を集めて積極的に勉強していますし、小泉さんのためなら、ぜひ手伝いたいという官僚もいます。これが彼の強みですね。ただし、やはり彼も世襲議員。苦労知らずのお坊ちゃんです。旬を逃すと、他の世襲議員と同じに見られてしまうかもしれません」

 毛並みの良さが逆に欠点となるくらいしか、マイナス面が見当たらないわけだ。だが、徹底的に身体検査すると、進次郎氏とて男。しかも独身で、あれだけの甘いマスクの持ち主だ。「過去にいくつか、女性問題が報じられています。赤坂の議員宿舎に美女を連れ込んだり、彼が大臣政務官だった時代に知り合った復興庁元職員の女性と深夜、ホテルのダブルルームで2時間ほど密会したりしたこともあります」(前出の夕刊紙記者)

 小泉氏は“次の次の総裁候補”といわれるが、「政治の方向性が同じ石破氏の支持を表明したら、石破氏は弱点の国会議員票を一気にカバーできます」(前出の鈴木氏) 小泉氏は次の総裁選の台風の目になりそうだ。

■政治資金が潤沢な竹下亘総務会長

 もう一人、にわかに注目され始めたのが、さる4月19日の派閥総会で新会長に選ばれた竹下亘総務会長(71)だ。これで、兄・登元首相が旗揚げした旧経世会が四半世紀ぶりに“竹下派”へと復活を遂げたことになる。その亘氏はNHKの記者出身。兄・登氏の秘書を経て、その地盤を受け継ぎ、7回の当選を果たしている。「竹下登元首相は抜群の資金力を誇り、亘氏も政治資金は潤沢です。財務副大臣に就任した際には、脱税疑惑が噂されたほどです」(前出の政治部記者)

 総裁の条件である“ヒトとカネ”のうち「資金力」は申し分ない。しかし、にわかに総裁候補として注目されているものの、本人にヤル気はないという。「老獪な政治手腕がある一方、年齢的な問題があります。彼は、派内の総裁候補である小渕優子元経産相へバトンタッチすることが、自分の役目だと思っているんでしょう。ただ、次の総裁選では幹事長などのポストを提示され、各陣営からのラブコールが殺到することも予想されます」(前出の角谷氏) 竹下氏も小泉氏と同じく、確実に台風の目になるというのだ。

■安倍晋三首相は非常に危険

 さて、これで6人。7人目の「ポスト安倍」は他ならぬ安倍首相本人。かつて二階俊博幹事長は「安倍の次は安倍」とも豪語している。さらに、前述した読売新聞の調査では小泉氏には敗れたものの、3位の石破氏を抑え、いまだ「首相にしたい」ナンバー2の好位置をキープしている。その安倍首相続投論について、古賀氏はこう危惧している。「(相次ぐ政府の不祥事にも)安倍さんは、自分は悪くないと思っているはずですよ。マスコミが勝手に騒ぎ立てて叩いているだけだと。そんな安倍さんが気にするのは世論の支持。だから、安倍さんは支持率を上げるためのパフォーマンスに邁進するでしょう。今回の日米首脳会談は完全に失敗でしたが、また近く予定される日ロ首脳会談でも支持率上昇を狙っています。中身はどうでもよく、このままでは国益よりも政権延命を優先する売国外交になりかねません。それが非常に危険なんです」

 6人の侍が、その安倍氏の首を取るか、それとも7人目の候補である安倍氏自身が、“安倍の次は安倍”を実現するのか――。すでに総裁選の火ぶたは切って落とされている!