マツコ・デラックス

写真拡大

 タレント、マツコ・デラックス(45)が14日、月曜レギュラーを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・0)に生出演し、芸能界の“枕営業”について持論を展開した。番組では、「最近で『枕営業』の話を聞いたことがあるか?」とのテーマでアンケートを実施。マツコは「どっちかっていうと夢のある話よね」とポツリ。続けて「それで儲けられる席があるほど、もう経済的にもこの業界が余裕ないから。それこそ大昔なんて、映画会社の会長の愛人とかが大作に抜てきされて、一夜にしてスターになるみたいな夢物語もあったわけじゃん。これは本当にもうファンタジーだと思う」と語った。

 MCを務めるタレント、ふかわりょう(43)から「もしいまあったら、反則だと思います?」と聞かれると、マツコは「いいんじゃない? どんな手を使ってでも仕事を取るっていう意味では、(両者が納得していれば)それでいいと思う」と一定の理解を示したが、「ハイリスクだけどリターンはすごく少なくなってきてるよっていうのは『じゃあ、枕営業しようかしら』と思ってる女子たちに言いたい」とも付け加えた。